スポンサーリンク

あの頃の私

ワン(犬)ちゃんの癒やし

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630


●今回は【ちわわん生活 VOL.2】さまの最新記事のご紹介です。

今日の散歩中、自転車に乗っている
女の子とすれ違いました。

s-2209184.jpg

幼稚園か、小1くらいかわからないけど
小さな自転車を漕いでいました。

私の前方で、ぴたりと漕ぐのを止めて
アゲハをじ~っと見つめる女の子。

自転車のカゴには犬のぬいぐるみが
入っていました。

s-2209185.jpg

可愛くデフォルメされたものではなく
リアルに作られた感じのぬいぐるみ。

女の子は口を開けてアゲハを見つめ、
それからカゴのぬいぐるみを見ました。

私にはハッキリ伝わってしまった。

カゴに乗せたぬいぐるみに向けられた
コレジャナイ感。

自転車に乗せて連れ歩くほどの
お気に入りなはずなのに。
生きてる犬には敵わない、というあの
どうしようもなく湧き出る気持ち。

子供時代の私がずーーーっと強烈に
抱き続けた想いです。

s-2209191.jpg

犬が飼いたいと何百回と交渉したけど
ダメだった私の子供時代は、
犬のぬいぐるみを愛でる時代でもありました。

できるだけリアルに作られたものがよかった。
かわいくデフォルメされたものよりも、
本物の犬に近いようなものをいくつか
買ってもらった記憶があります。

でもダメなんだよね。

感情に上手く折り合いを付けて諦めても
私が欲しいのは、血が通った犬。

私の願いは本物の犬と、相棒みたいな
信頼関係を築くことだったのです。

↑これマジで幼児の頃から真剣に何より
願ってたましたからね。

幼児の願いが「わんこ飼いたい」ではなく
「犬と確固たる信頼関係を築きたい」って
なかなか渋いと我ながら思うのですが
ガチなんです。

s-pp.jpg

ぬいぐるみたちは確かに大切にしていたし
犬を飼う妄想に付き合ってくれる宝物でした。

でも一歩外に出て、散歩中の犬とすれ違うと
もう認めざるをえなかった。

ぬいぐるみに対して抱くコレジャナイ感。

s-P1260828_20220918183754079.jpg

そんな子供時代を過ごした私には
女の子が自転車のカゴと揚羽を交互に
見た時のなんともいえない複雑な表情が
ものすごく刺さってしまった。

わかるよ、本当に。

まんま、あの時の私だから。

s-2209186.jpg

急にリードから伝わるアゲハの力から
今、私の横を犬が歩いている幸福を
強烈に自覚しました。

私が彼女くらいの年齢だった頃から
長い年月の後、ぷくと出会った幸運も。

s-100_1664.jpg

私が漕ぐカヤックの先に
ソニックがいた日の煌めきも。

s-2209175.jpg

こんなの、小さい頃の私からしたら
何より焦がれた世界です。

将来こんな犬たちがあなたの傍にいると
あの頃の私に言ってあげたい。

強烈に願った子供時代から時を経て
大人になった私の前に満を持して現れ、
「ただのペット」ではなく「心通う相棒」に
なってくれた犬たち。

s-14012551_20220918183349299.jpg

見て取れるほどションボリしてしまった
自転車の女の子の背中に
「安心しろ!とにかく待て!」
と心の中で密かに声をかけました。

彼女が望んでいればきっと
満を持して相棒犬と出会えるから。

ちなみに私が年齢一ケタの頃、
将来出会う妄想をしていた犬種は
グレートピレニーズでした。

s-P1000960.jpg

色は合ってた。

サイズが違ったけど。
人気blogランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ ぷくさんのおケツをひと押し
下さると嬉しいです。
いつもありがとう。。

別館更新してます。
その構えは何のため → 「P House」

揚羽のハーネス。

PVアクセスランキング にほんブログ村


今回は【ちわわん生活 VOL.2】さまの記事「あの頃の私」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:あの頃の私


"全日本きもちよさそうに眠るいぬ選手権"の参加犬さんたち togetter.com/li/1951984 #Togetter @togetter_jpより

トリミングを終えた柴犬、飼い主さんに近づいた直後の行動に思わず爆笑!(いぬのきもち WEB MAGAZINE) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp/articles/cb4c5… @GoogleNewsより