スポンサーリンク

それぞれの社交性

ワン(犬)ちゃんの癒やし

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630


●今回は【ちわわん生活 VOL.2】さまの最新記事のご紹介です。

私が一緒に暮らしたチワワは三匹。

s-16061772.jpg

全員愛しくて順番なんかないけれど
ぷくってすごい奴だったよ、って話を
先日書きました。→ 『ぷくという存在』

人間や犬に対する社交性も
三匹それそれまったく違っていて。

一番人見知りだったのは、ぷくです。

s-14032551_202208201938553e1.jpg

それは躾け次第だ、
飼い主がちゃんと社会化させるべきだ
ということも散々言われたけれど、
あらゆることをやっだけど生涯ダメでした。
どうにもなんない生まれつきの気質もある
ということは、経験上感じています。

だって初めて会った日、初見の時点で
「私と同時にぷくと会った」友人たちにも
来るな触るな状態の人見知りだったよ。
でもその時、私にはべったりだった。

生後二ヶ月の小さな頃もうその性質で、
生涯何をやっても変わりませんでした。

最も人懐っこかったのはソニックです。

s-091121777_20220820193857873.jpg

何度か会ってる人だけではなく
配達員や修理に来た業者さんなど
誰にでもヘラヘラついていくので
簡単に誘拐できそうな人懐こさでした。
泥棒が来てもお茶淹れそうなタイプ。

かわいかった……。

揚羽はどちらとも違っていて、
心を許す人を選びます。

s-2208203.jpg

犬が大好きで犬慣れしてる人は
15分くらい経てば大丈夫になります。

犬飼ったことなくて犬の扱いがぎこちない
感じの人には揚羽は心を許しません。

……なんかめんどくさいタイプだな。
でもぷくと比べればだいぶマシです。

s-1401307.jpg

そう思うと、今から注射しようとしてる
獣医さんに対しても警戒心ゼロだった
ソニぼんはマジ天使でしたわ。。

しかしこれが犬相手となると
三匹の中でぶっちぎりの犬見知りで。

ニュージーランドはオフリードにできる
公園がたくさんあるので、ソニックは
犬が近づいてくるとよく逃げてました。

s-1502169.jpg

追ってくる犬のほうがずっと速いので
一瞬で追い越されるけど。

逃げてたはずが追っていて、アレ?
ってなってるソニックをよく見ました……。

揚羽は外で会う小型犬に対しては
すれ違いざまにオラついたりします。
でも多頭連れや大型犬にはしない。

ここでも相手をみるタイプ。

でも初見はそんな感じでも
同じ部屋でちょっと一緒に過ごせば
わりとすぐ仲良くなれます。

s-IMG_3365.jpg

普段は早歩きだけど → 動画
相手に合わせて歩くこともできます。

s-2202257.jpg

揚羽は人に対しても犬に対しても、
心を開くまでちょっとだけ時間が要る。

その気持ち、私はちょっとわかります。。

一方、大の人見知りだったぷくは
大の犬たらしでもありました。

犬に対してはどこまでもフレンドリー。
犬種大きさ問わず全犬トモダチ認定。

群れの中心にいて、
集団をとりまとめる力がありました。

s-1503188 copy

勝手にズカズカ入っていって
勝手に仕切る。

s-1503184 - Copy

たとえ姿は見えなくても。
身長がみんなの足元でも。

大きな組織のCEOのような
ぷくのリーダーシップの取り方は
今思い出しても惚れ惚れするのです。

ドーベルマンとぷく。
人気blogランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ ぷくの首をグリグリ押して
下さると嬉しいです。
いつもありがとう。。

別館更新してます。
全身で芝生を感じて → 「P House」

コットンTシャツ♪

PVアクセスランキング にほんブログ村


今回は【ちわわん生活 VOL.2】さまの記事「それぞれの社交性」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:それぞれの社交性


トリミングを終えた柴犬、飼い主さんに近づいた直後の行動に思わず爆笑!(いぬのきもち WEB MAGAZINE) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp/articles/cb4c5… @GoogleNewsより