スポンサーリンク

野良猫と私

ワン(犬)ちゃんの癒やし

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630


●今回は【ちわわん生活 VOL.2】さまの最新記事のご紹介です。

別館更新してます。
ヒーロークラス → 「P House」

もうひと月以上前の出来事です。

揚羽の散歩中に怪我して片目が潰れた
野良猫を見ました。

s-2204251.jpg

猫と一定の距離を保ったまま
見つめ合いながら、頭の中が
「どうしよう」でいっぱいになった。

今とるべき行動は?

とりあえず揚羽を連れているので
その場を離れ、帰宅しました。

s-2204252.jpg

怪我をしていて、とても汚れている猫。
どうすればいいのかわからない。

あのまま家に入れるわけにはいかないから
まず病院へ連れていってシャンプーと
ノミダニの除去薬と怪我の手当、
健康診断もしてもらわないと。

家には猫のゴハンも猫用トイレも何もない。

猫と暮らした経験がないので
必要なものがわからない。

まずそこを調べて揃えないとダメだ。
今から?今日?忙しいのに?

混乱して考えてる合間にも
動物病院の診察時間は過ぎてゆく。
今日やらなきゃいけないことが色々あるのに。
面倒だと思いつつ猫の顔が頭から離れない。

s-2204153.jpg

現実的に、どうなんだろう。

もしあの猫をウチにつれてきたとして、
揚羽とうまく同居できるだろうか?
犬とは仲良くできても、猫は?

そもそも野良生活が長い猫にとって、
突然のマンション生活はハッピーなのか?

これが犬ならたとえ人慣れしていなくても
野良生活よりウチでの生活をさせたいと思う。

でも猫のことがあまりわからないから、
猫にとって何が幸せなのかわからない。

妙に貫禄があったでっかい猫。
「ほっとけ、マンション暮らしなんかごめんだよ」
というのが猫の本音だとしたら?

こういう状況に遭遇して初めて、自分に
猫保護のノウハウが無いことに気付きました。

猛スピードで頭の中を色んな考えがぐるぐる。

なんだか泣きたくなってしまった。

とりあえずさっきの場所に戻ろうと思いました。

s-2204254.jpg

子供の頃すごくすごく嫌だったことが
怪我した野良猫に出会っても
保護できないことでした。
(犬にはそもそも出会ったことがない)

母は犬猫を絶対に飼わない人で、
子供時代の私が星の数ほど挑んだ交渉は
全て決裂しました。

子供だったから、猫を保護したところで
養う能力もなければ権利も責任もなかった。

今すぐ20年くらいワープして大人になりたいと
強烈に思っていました。
怪我した猫と出会った時、誰の許可も得ず
自分で決めて保護できる権利と責任が
一刻も早く欲しかったのです。

だから、やる。

怪我だけは治療したい。
猫のためではなく、そうしたいと思った
今の自分のためにやる。

もし揚羽と相性が合わなかったら
責任もって里親探しをしよう。

幸い猫好き猫飼いの友人がたくさんいるし
彼らにも協力してもらおう。

猫のキャリーケースとかもってないから
とりあえず犬のキャリーバッグを提げて
軍手を持って猫がいた場所へ行きました。

猫はいませんでした。

付近をウロウロして20分くらい探したけど
見つかりませんでした。

一度腹をくくってしまうと見つからないのが
すごく嫌で焦って探したけどいなかった。

それから毎日同じ散歩コースを選んでるけど
あれ以来会っていません。

こんな都会の公園に怪我した猫がいたら
すぐ人目につくし、あっという間に誰かに
保護されたのかもしれない。

s-2204255.jpg

先日母と電話をした時、ふとこの話を
してみました。
怪我した猫を保護しようと思ったけど
戻ったら見つからなかった、と。

保護しようと思った、の時点で
めっちゃ「うわ……」という空気を
電話の向こうから感じました。苦笑
いなかったことにホッとしてる気配も。

反射的なものなんだろうけど、
一緒に暮らしていなくても嫌なんかい!
とつっこみたくなりました。( ; -᷄ ω-᷅)

何十年経っても相変わらず
動物が苦手な母と、動物のことで
頭がいっぱいな私。w

そして、母がどう思おうが関係なく
小学生の自分が強烈に望んだように
今は保護できる大人になったんだなあ。

でも実際出会ったら超!面倒だという
実感もついてきたけど。( ˆ꒳ˆ; )

いざ出会った時のために
猫の保護の仕方や必要なものを
調べておかなきゃいけないという
学びになりました。

s-2204256.jpg

どうかあの猫が今幸せでありますように。
私に考える機会と学びをありがとう。

猫はどうですか?
人気blogランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ 誰とでも話せるぷくさんを
ひと押し下さると嬉しいです。
いつもありがとう♡

ワンピ

PVアクセスランキング にほんブログ村


今回は【ちわわん生活 VOL.2】さまの記事「野良猫と私」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:野良猫と私


@nao_1130_guitar わかるよそのきもち いぬのきもちねこのきもち

智洋と犬猫ってひよこクラブといぬのきもちとねこのきもちがコラボしたようなものだから。

いぬのきーもち! ねこのきーもち! カシュッとした痕跡が残るお部屋で目覚めた時の気持ち…

いぬのきもち、ねこのきもちより 人間のきもちの方がいっぱい本出てるのに 全く分からないよね

飼い主に触ってもらいたい柴犬 「なでずにはいられないでしょ!」なかわいい行動がズルい(いぬのきもち WEB MAGAZINE) #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/articles/4e777…