スポンサーリンク

春のつぶやき

ワン(犬)ちゃんの癒やし

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630


●今回は【ちわわん生活 VOL.2】さまの最新記事のご紹介です。

ソロ・ラン → 「P House」

犬の散歩をしていて目についたもの。
宴会やシートを広げての飲食の禁止
を呼びかける立て看板。

s-2103241.jpg

私は宴会形式のお花見は
コロナ前からしたことがなくて、

私にとってお花見とは
普段通りの犬の散歩中に
そこら辺に咲いてる花を眺める
日常のルーティンのことです。
イベント感は元からゼロ。

s-2103243.jpg

だから初めて見る看板に一瞬
「おおっ」となって世の中が変わって
しまったように束の間感じるのだけど、
考えてみれば私自身はいつも通りの
春を過ごしているわけです。

何が「おおっ」なんだか。

これはこれで置いてかれてる感も
若干ありますけど。( ; -᷄ ω-᷅)

s-2103242.jpg

4年前の春、ぷくが体調を崩し、
その後復活しました。

お散歩もできるまでになったけど、
ぷくと見る桜は今年が最後だろうと
悟りながらのお花見でした。

抱っこしたぷくの感触も重さも、
キレイな桜の景色も、空気の匂いも
絶対に忘れないで覚えていてねって
自分の体に頼み込むような気持ち。
ものすごく焦って、怖いという感情。

あの時の気持ちは結構強烈で
今でも鮮明に残っています。

s-2103244.jpg

だから毎年桜の季節は
ちょっと苦しいです。

今年はだいぶ薄れたかな?と
毎年期待するんだけどあんまり
変わらないものですね。

覚えていてね!とあれほど自分に
言い聞かせたぷくの感触は
だいぶ遠くなってしまったのに、
めっちゃ悲しくて焦るような気持ち
だけはハッキリ残ってる。

残ってほしいものが、逆。

s-2103247.jpg

でも犬と暮らすと季節毎にいっぱい
楽しい思い出が積もっていくけど、
この手の苦しさも絶対経験するもので
たぶん両方ギフトです。

どっちもぷくがくれた経験。

だからこれはこれでいいというか
犬と暮らす醍醐味かもしれません。

s-2103248.jpg

今日は散歩中ソニックの頭に
桜の花びらが乗っかってて
写真撮ろうと思った時にはもう
落ちて無くなっちゃってたんだけど、
後頭部にひとひらの桜の光景が
とても可愛かったです。

ぷざくら。
人気blogランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ ぷくの後頭部をひと押し
下さると嬉しいです。( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )
いつもありがとうございます!

トートバッグ。

PVアクセスランキング にほんブログ村


今回は【ちわわん生活 VOL.2】さまの記事「春のつぶやき」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:春のつぶやき