スポンサーリンク

3・11から10年、たった1つのご家族へ、そして、たくさんのご家族へ…

ワン(犬)ちゃんの癒やし

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630


●今回は【湘南凸凹柴WAN日記】さまの最新記事のご紹介です。

今日は東日本大震災から10年でした。

先週末くらいから、震災関連の報道が数多く流れ、

大切な人を失った方々の姿を見ては涙。

苦難を乗り越えて、前向きに頑張っている方々の姿を見ては涙です。

11日ブログ2

当時は、ショックは受けたものの、テレビを見て泣くことはなかったのですが…

あの頃、両親はまだ健在で、

私の傍らには、両目の義眼手術を終え、痛みから解放されたミッチーがいました。

あれから10年…

この間、父も、母も他界し、ミッチー&タロ兵衛を看取りました。

大好きな相手を失う事の痛みが、やっとわかったのかもしれません。

そして、あの震災と原発事故によって運命が変わってしまったのは貫太。

11日ブログ1

地震発生当時、2歳から4歳くらいだったと思われます。

突然飼い主さんご一家は避難を強いられ、

2、3日で戻れるから、ペットは置いて行くよう言われたのです。

ウソでした。

その後何ヶ月も自宅に戻ることはできなかったのです。

残してきたペットたちを思い、飼い主さんは胸を引き裂かれる思いだったでしょう。

貫太は外飼いだったのかな?

チェーンは外されていたのかな?

地震発生から約1ヶ月後、立入禁止区域内で、ボランティア団体に保護されました。

2011年9月、シェルターでの散歩中の貫太です。

11日ブログ4

犬たちの世話をするボランティアに通っていた私でしたが、

犬たちの数が多く(450匹ほど)、写真を撮っている余裕はほとんどなくて、

シェルター時代の貫太の写真はこれを含めて2、3枚でした。

1日1回の散歩以外は、このようなケージの中で過ごしていた犬たち。

11日ブログ5

福島の豊かな自然の中で、

のびのび過ごしていたコらにとっては、辛い日々だったと思います。

我が家には犬嫌いの先住犬ミッチーがいましたが、

2011年10月末、貫太を我が家に迎えました。

慣れない動物病院でビビったり(笑)、

11日ブログ7

初めて(かも知れない)の海でサーファーを珍しそうに眺めたり、

11日ブログ8

外用の水の器に張った氷を舐めてみたり、

11日ブログ10

ミッチー姉さんと初日の出を見に行ったりしました。

11日ブログ11

目が見えないミッチー姉さんとは、

ガラス越しに鼻チューもしたっけ♡

11日ブログ9

その後、タロ兵衛爺さんもやってきて、

凸凹訳あり3柴生活!

11日ブログ12

今は、チャキチャキの妹あんに押され気味ですが、

仲良く、楽しく暮らしています。

11日ブログ13

あの時、断腸の思いで愛犬を残して避難した柴犬のご家族さん、

この顔に見覚えはありませんか?(推定2〜4歳、未去勢のオス)

11日ブログ6
2011年10月末

7ヶ月のシェルター生活を経て、

我が家に来て約9年半、元気に、幸せに過ごしてきましたよ。

11日ブログ3

だから、どうか、「ゴメンね…」という気持ちはもう持たないでください。

最後の最期まで、責任をもって我が家で大切にお預かりします。

11日ブログ14

そして、シェルターでボランティアをしていた私は、

福島で被災したなん十匹、なん百匹という犬や猫たちが、

心ある里親さんの元に引き取られて行くのを見てきました。

あの時、愛するペットたちを残して避難し、

ずっと後悔と自責の念に苛まれてきたであろうたくさんの飼い主さん、

多くの優しい里親さんがいたのは事実です。

あなたの犬や猫たちも、幸せな第二の生活を送っているかも知れません。

11日ブログ15

どうか、どうか、

ご自分を責め過ぎないようにしてください。

そして、

もしご縁があるなら、条件が整ったなら、

新しい家族として犬や猫、保護犬、保護猫を迎え、

笑顔あふれる日々を過ごしていただけたら…と思うのです。

11日ブログ16

そんな事を考えながら迎えた、

私の10年目の3・11でした。

よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

貫太&あんは2つのランキングに参加しています。
をポチッと押して、応援していただけたら嬉しいです。


犬ランキング 

ありがとうございます♡



 


今回は【湘南凸凹柴WAN日記】さまの記事「3・11から10年、たった1つのご家族へ、そして、たくさんのご家族へ…」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:3・11から10年、たった1つのご家族へ、そして、たくさんのご家族へ…


「クスン」!? 可愛いワンコに嫌われて出た声とは (いぬのきもちNEWS) news.line.me/issue/oa-dogne…

いぬのきもち ねこのきもち ごめんーって言われたからなにがって聞いたらなんでもないって返されたおれのきもち

@necoguruma3 「いぬ・ねこのきもち」に救急・夜間診療の動物病院一覧がありました。 pet.benesse.ne.jp/hospital/救急・夜間診療:flg_o_emergency

犬が「ひざの上にのる理由」がかわいすぎる♡ 癒やしの写真つきで解説!|いぬのきもちWEB MAGAZINE dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…

犬が飼い主の手や顔をペロペロ! 何を伝えようとしているの?(いぬのきもち WEB MAGAZINE) #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/articles/90d3d…