スポンサーリンク

「今から撫でられる!」と思った時の柴犬の柔軟な耳の動き

ワン(犬)ちゃんの癒やし

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/petmoko2/petmokomoko.com/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630


●今回は【柴犬どんぐり コロコロまんが日記】さまの最新記事のご紹介です。

前回の記事はこちら


撫でられるときに犬は
耳の角度を調節して

「なでなで可能エリア」を
広げて作ってくれるのです。


20200904なでまち1
20200904なでまち2
思わせぶり禁止。

思わせぶりなことを
した者は必ず
責任を取ってなでなで
しなければならないのです。



FullSizeRender
通常時は
耳の穴が正面を向いて

耳と耳の間も狭めです。



97745465-s
なでなで時や
ご機嫌時には

耳をワイパーのように広げて
耳と耳の間に
「なでなで可」スペースを
作っています。

耳の穴もちょっと外向きに
なっています。



FullSizeRender
耳の穴を完全に外に
向けることもできます。

自由自在で
レーダーのようですね。



IMG_4599
ちなみにスタッフの

「水たまりに入らないで」
「そろそろ立って」
「もういい加減に帰ろう」

などという小言が
うるせいときは

「聞こえないふり」
をするために
耳の穴を外に向けています。

目も合わせません。


◆まんが書籍化◆



◆ブログランキング◆
↓ クリックで応援投票してね ↓


にほんブログ村 犬ブログへ

犬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

宮路ひまシリーズ


今回は【柴犬どんぐり コロコロまんが日記】さまの記事「「今から撫でられる!」と思った時の柴犬の柔軟な耳の動き」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:「今から撫でられる!」と思った時の柴犬の柔軟な耳の動き


河川敷の劣悪な環境から7年かけて犬たちを保護した女性の活動の極意(いぬのきもち WEB MAGAZINE) #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/articles/955a7…