スポンサーリンク

まるで宝石。猫が見せる目の色の変化「キトゥンブルー」

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

まるで宝石。猫が見せる目の色の変化「キトゥンブルー」

猫の目を、よく宝石にたとえる人がいる。

その気持ちは分かる。猫の目は透き通っていて幻想的で、どんな色合いであってもそれぞれに素敵な魅力を放っているからだ。

幻想的といえば、猫の目の色の変化もまた幻想的である。彼らはまず生まれてきて、目が開くと青色の瞳をしている。しかしこの青色は成長に伴って徐々に変色していき、やがて緑や黄など全く別の色に変化してしまう。

この変化の様子を、文字通り目で追った経験のある方も多いはず。今回は、子猫たちの青い瞳、キトゥンブルーについてのコラムを展開していきたい。

なぜ子猫の目はみんな青色なのか?

話の本題に触れる前に、ふと疑問に思ったことを書いてみたい。そもそもなぜ、猫はまだ幼い時期、多くの個体がキトゥンブルーと呼ばれる目の色をしているのだろうか。

この秘密は、目の中のメラニン色素の量が影響しているという。

生まれてすぐの時期は、まだ眼球の色素の定着が完了しておらず、そういった状態だと目の色が青に見えてしまうのだそうだ。

メラニン色素という言葉自体は、日焼け対策をすることの多い女性にとっては聞きなれたものだろう。

猫の瞳に限った話ではなく、動物の多くはメラニン色素を多かれ少なかれ生成している。

が、生まれたばかりの人間の瞳の色は猫と違い、青色ではない。キトゥンブルーは猫に生じる、きわめて限定的で一時的な、美しい青色の奇跡と考えてもいい。


今回は【PETomorrow】さまの記事「まるで宝石。猫が見せる目の色の変化「キトゥンブルー」」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:まるで宝石。猫が見せる目の色の変化「キトゥンブルー」


写真館でいぬのきもち言ってたのこういうこと??????情報より先に言っちゃってない????横尾さんあなたはなんて可愛い人なんだ……

ん。いぬのきもちに横尾さん? これ店頭販売してないんだっけ。

写真館のいぬのきもち云々はそういうことだったのね(* ॑꒳ ॑* ) RT