スポンサーリンク

「あれはもう虐待だった」何故、一部の保護団体はしばしば内部告発されるのか

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

「あれはもう虐待だった」何故、一部の保護団体はしばしば内部告発されるのか

先進各国がそうであるように、日本では犬や猫を保護・管理しつつ里親への譲渡を目的とした保護団体が数多く存在している。

それらの規模はさまざま。個人が身を削って行っている活動もあれば、NPO法人化しているものもある。しかしいずれの規模の団体であっても、活動原理は「不幸な犬猫を1頭でも減らしたいという」思いで共通しているはずだ。

そのため、今日も全国各地で、熱心な里親募集が継続されている。

が、熱意や愛情だけではなかなかこういった活動もままならないようだ。

いくつかの保護団体は、しばしば関係者や元協力者・スタッフから「実態は悲惨だった」と内部告発されることもあり、その都度動物好きには衝撃を及ぼしている。

目的は崇高だったはずなのに…キャパオーバーの保護状態のせいで共倒れ寸前の保護団体もある

今回のこのテーマ。たまにニュースにもなったり、SNSで問題視されることがあるので、もしかしたらご存知という方も多いかもしれない。

先日もかなり大きな法人団体が元メンバーからその実態を内部告発され、杜撰とも取れる猫の管理状態について批判を受けていたばかりだ。

告発の一部始終を見た限りでは、たしかに酷い状況だ。猫たちは衣装ケースに閉じ込められ、満足に身動きもできない有様だったし、あれは猫好きには堪える画像だった。

指摘を受けた団体は、告発が事実にはあたらないとしつつも、目下SNS方面で実際の活動内容についての理解を求めるために、動画配信などに積極的になっている。

筆者も個人的にこの団体については応援していたところだし、グッズの買い支えや募金などにも協力してきたが、もしも告発が事実であれば、やっぱりショックだ。

また、他にも個人で出来る範囲で引き受けていたはずの小規模な保護団体の代表者が、徐々に保護動物に手が回らなくなり、飼育放棄に近い状態に陥ったというケースも知っている。

こういう場合、他所にSOSを出すこともできないほどに追い詰められるようで、本当に傍から見ていても辛い気持ちでいっぱいになってしまう。

どの団体だって、立ち上げ当初は「1頭でも多くの恵まれない野良犬、野良猫を助けたい」という思いを抱いていたはずなのだ。

それが徐々に、マンパワー以上の規模の保護動物を抱えることになってしまい、そのせいでいまや共倒れ間近になっているような事態を迎えている団体もある。


今回は【PETomorrow】さまの記事「「あれはもう虐待だった」何故、一部の保護団体はしばしば内部告発されるのか」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:「あれはもう虐待だった」何故、一部の保護団体はしばしば内部告発されるのか


すくーぷ、です。カノが今度はいぬさんのにおいをくんくんしてるのを僕見ちゃいましたっ。あっ、でもきっと見られたって知ったらカノはキドにまたきもちわるいって言われちゃうから内緒です。約束ですよ。

いぬのきもち・ねこのきもち・ぼくのきもち

かいぬしよ… ぼくの かわいい おいしいおかお みたいきもちは わかるけど わすれては いけない ぼくは おなかが よわい ぺれっとと ちもしーいがい あたえては いけません ぼく おなかいたくなっちゃう わかりましたか?

test ツイッターメディア - かいぬしよ…

ぼくの かわいい おいしいおかお
みたいきもちは わかるけど

わすれては いけない
ぼくは おなかが よわい

ぺれっとと ちもしーいがい あたえては いけません
ぼく おなかいたくなっちゃう

わかりましたか? https://t.co/SbnV7ih4pg