スポンサーリンク

猫に特化したアートギャラリーで特別な時間を過ごす

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

猫に特化したアートギャラリーで特別な時間を過ごす

レトロな喫茶店やギャラリーカフェ、レストラン、猫雑貨店など、看板猫のいる人気のお店、評判のお店を繊細なイラストで綴った『東京猫びより散歩』(一志敦子・著/辰巳出版・刊)は、好評発売中の猫本。そんな人気作を手がけたイラストレーター・一志敦子さんの原画展が2019年6月5日(水)~7月1日(月)、愛知県名古屋市の『カフェ・シャトンルージュ』にて開催されます。

猫に特化したアートギャラリーで特別な時間を

もともと、こちらのお店はオーナーが20年近くかけて集めたという猫の油絵や水彩画、版画、工芸品などがずらりと並ぶ、東海地方では珍しく猫に特化したアートギャラリー。ワインレッド×ブラウンを基調としたシックな雰囲気の店内ではフランス料理のシェフが監修する本格的な料理やフランス直輸入のデザートや地元愛知県産の旬の食材を活かしたオリジナルメニューが楽しめます。

今回のイベントでは店内に、『東京猫びより散歩』をはじめ、これまでの作品から一志さん本人が選りすぐった原画が並ぶ予定。一志さんの作品は飼い主さんやお店を訪れる人々、お店の家具や調度品、販売されている品物や料理・飲物などもが細やかにやさしいタッチで描き出されているのが特徴です。

中でも圧巻なのは猫のいるお店の俯瞰図。実は一志さんは建築を学ばれていたそう。一志さんだからこそ描ける、緻密でユニークな俯瞰図は必見です。

なお、2019年6月8日(土)13:00~20:00 には、ライブペインティングイベントが開催予定。本イベントは、愛らしい猫たちを一志さんが1匹1匹ライブで描くパフォーマンス。「うちの愛猫を描いてもらいたい…!」という方は、詳細は『カフェ・シャトンルージュ』のTwitter(@chatonrouge_p)にて詳細を確認してみてください。


今回は【PETomorrow】さまの記事「猫に特化したアートギャラリーで特別な時間を過ごす」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:猫に特化したアートギャラリーで特別な時間を過ごす


いぬ、ラブラドールや雑種やら飼ってはいたものの家族は数人いたし、こんなに一対一みたいな時間少なかったので、いぬのきもちがあなたの脳に話しかけています感がすごい。特にわたしが排泄に神経を集中しているのでいぬのきもちにナーバスになっている。親とはこんなきもちなのかなあと想像する

「(読書スペースでいぬのきもちを読んでいる)」

関わりたくない人から始まる感情見させられたオタクの気持ち(いぬのきもちの音楽に合わせて)

はーど「倍速で自己べでた俺の気持ち」 とわ「いぬのきもち」 れんきち「ねこのきもち」 はーど「ていうかれんきちととわさんからいぬのきもちねこのきもちきてたんだけどさ、その時俺いぬねこでさいたましてたからねwシンパシー」

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…