スポンサーリンク

見逃さないで!猫が見せる6つの“ご機嫌サイン”

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

見逃さないで!猫が見せる6つの“ご機嫌サイン”

猫は犬よりも感情を表に出さない動物であると言われています。しかし、実は体や表情をフルに使い、飼い主さんへ気持ちを訴えかけてくれています。そこで今回は、猫が嬉しい時に見せるサインをご紹介!愛猫とコミュニケーションを取るきっかけにしてみてください。

①尻尾を上にピンと立てる

尻尾は、猫の感情が反映されやすい部位。尻尾の状態に着目してみると、愛猫の気持ちが理解しやすくなります。

尻尾を上にピンと立てている時は、ご機嫌な証拠。この行動は「構ってほしい」という、かわいらしいアピールであることも。最高に機嫌がいいと、尻尾やお尻を小刻みに震わせたり、つま先立ちになったりもします。嬉しい気分が高まると、腰の位置が高くなるのもポイント。

なお、猫が他の動物や猫相手に対して尻尾をピンと立てるのは、好意を持っているからです。 

②尻尾を左右にゆっくりと動かす

犬とは違い、猫が尻尾を振っているときは不機嫌である時。そう思っている方は多いかもしれませんが、猫はリラックスしている時も左右に尻尾を振ります。こうした時は尻尾をブンブンと振っているのではなく、力を入れずにゆったりと動かしているのが特徴。眼差しも穏やかで、尻尾には力が入っていません。

このご機嫌サインは、日向ぼっこ中や食後のまったりタイムによく見られます。

③ゴロゴロと喉を鳴らす

猫がゴロゴロと喉を鳴らすのは、満足している証拠。ゴロゴロ音は大好きな飼い主さんに撫でてもらったときや抱っこしてもらった時など、心が満ち足りた時に鳴らされます。ゴロゴロ音は猫によって大きさが異なるので、愛猫がどんな音を奏でるのか楽しんでみてください。

ただし、猫は体調が悪い時や機嫌が悪い時にもゴロゴロ音を鳴らすので、要注意。ご機嫌サインや不機嫌サインかを見極めるには、愛猫の体調や行動に異変が見られないかチェックしていきましょう。


今回は【PETomorrow】さまの記事「見逃さないで!猫が見せる6つの“ご機嫌サイン”」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:見逃さないで!猫が見せる6つの“ご機嫌サイン”


「(読書スペースでいぬのきもちを読んでいる)」

関わりたくない人から始まる感情見させられたオタクの気持ち(いぬのきもちの音楽に合わせて)

はーど「倍速で自己べでた俺の気持ち」 とわ「いぬのきもち」 れんきち「ねこのきもち」 はーど「ていうかれんきちととわさんからいぬのきもちねこのきもちきてたんだけどさ、その時俺いぬねこでさいたましてたからねwシンパシー」

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…