スポンサーリンク

人が「犬を飼いたい」と思う時、そのきっかけや衝動はどこからくるのか?

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

「犬を飼う」には遺伝子も関係するのか?

人が「犬を飼いたい」と思う時、そのきっかけや衝動はどこからくるのだろう?

可愛いから? 一緒に何かを楽しむ相棒が欲しいから? 子どもの情操教育によさそうだから? それとも、足りない何かを動物で埋めたくなるから?

みなさんは、どんなきっかけで犬を飼うことにしたのだろうか。


Photo by Daniel Lincoln on Unsplash

これまでの研究の中には、母親が子どもの頃にペットと暮らしていたかどうかは、現在のペット所有に関連するというものもあった(*1)。

確かに、家族の影響というのは大きいはずだ。親が動物好きであるなら、飼うことに積極的になれるだろうし、子どもも動物が好きになる可能性は高い。一方、親が動物は苦手ならば、子どもはなかなか飼う機会を得られないかもしれない。いや、反面教師もあり得るので、それぞれ逆パターンもあるかもしれないが。

加えて、特に子どものいる家庭であると、結局、ペットの世話は母親がすることになるというケースも多く、飼うかどうかの決定権は母親に委ねられる部分が大きいと考えれば、上記の研究結果には頷けるところもある。

しかし、それが遺伝レベルの話となるとどうなるのだろう?


Photo by Patrick Hendry on Unsplash

ウプサラ大学(スウェーデン)とリバプール大学(イギリス)による研究チームは、スウェーデン国内の約3万5,000組の双子(一卵性の双子と二卵性の双子)を対象に、犬の飼育率を調査。

それを一卵性の双子と二卵性の双子で、二人ともに犬を飼っているか比較したところ、一卵性の双子のほうがはるかに犬の飼育率(二人ともに飼っている一致率)が高かったそうだ(*2, 3)。

一卵性の双子は互いに全ゲノムを共有し合うが、二卵性の双子は半分しか共有しないため、犬を飼うかどうかには遺伝的な影響もあることが考えられるという。


Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

現段階では、どの遺伝子変異がそれにあたるのか、他のペットではどうなのかなど詳しいことまではわかっていないとのことだが、なかなかにおもしろい結果だと思う。

ということは、筆者の家族の場合、犬が好きなのは父親だけであり、母親や兄弟は元来、動物が苦手なので、筆者は父親の遺伝子を強く引いているということなのだろうか? 確かに、好みが似ているところはあるが。う~む…。

もしかして、「柴犬が好きだ」という人の遺伝子は、子や孫へ「柴犬が好きだ」と伝わっていくのだろうか? それに対して、犬も同じように、「人が好きだ」という犬がいたならば、その遺伝子が伝わっていくのだろうか?

性格が遺伝するように、はるか昔から、犬と暮らす人たちが犬を好きになり、また、犬も人を好きになり、その「好き」が代々受け継がれてきているとしたら、ちょっとばかりロマンチックにも思えてくる。

参考資料:

(*1)Family Pet Ownership during Childhood: Findings from a UK Birth Cohort and Implications for Public Health Research / Carri Westgarth et al. / International Journal of Environmental Research and Public Health, 2010, 7(10), 3704-3729 Doi: https://doi.org/10.3390/ijerph7103704

(*2)Owning a dog is influenced by our genetic make-up / UPPSALA UNIVERSITET, Press release, (17 May, 2019)

(*3)Evidence of large genetic influences on dog ownership in the Swedish Twin Registry has implications for understanding domestication and health associations / Tove Fall et al. / Scientific Reports 9, Article number:7554(2019), 17 May, 2019, Doi: https://doi.org/10.1038/s41598-019-44083-9 

文/犬塚 凛


今回は【PETomorrow】さまの記事「人が「犬を飼いたい」と思う時、そのきっかけや衝動はどこからくるのか?」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:人が「犬を飼いたい」と思う時、そのきっかけや衝動はどこからくるのか?


「(読書スペースでいぬのきもちを読んでいる)」

関わりたくない人から始まる感情見させられたオタクの気持ち(いぬのきもちの音楽に合わせて)

はーど「倍速で自己べでた俺の気持ち」 とわ「いぬのきもち」 れんきち「ねこのきもち」 はーど「ていうかれんきちととわさんからいぬのきもちねこのきもちきてたんだけどさ、その時俺いぬねこでさいたましてたからねwシンパシー」

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…