スポンサーリンク

ハリウッド映画に登場する犬は、最終的に生き残るケースが多い?

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

ハリウッド映画に登場する犬は、最終的に生き残るケースが多い?

しばしば洋画に犬が登場することがある。

どんなジャンルにも彼らは出演するものだけど、基本的には主役になることはない。

主人公の飼い犬だったり、せいぜい心を通わせる友人としてのポジションがあたえられるというパターンが御の字だろう。

が、これがSF映画やホラー映画になると、ちょっと立ち位置が変わってくる。

こういったジャンルのハリウッド映画を観ていると、とにかくこの手の映画に登場する犬はタフなのだ。

強くて勇敢という属性をあたえられがちなハリウッド映画のわんちゃんたち!

ハリウッドのSFやホラー映画は数あれど、その中には犬が登場する作品はかなりの数にのぼる。

そしてそういった作品に登場する犬は、信じられないぐらいに勇敢かつ幸運で「あ〜もう絶対無理でしょ」という状況からでも生還しがちだ。

いくつか例を挙げたい。

1996年公開の『インデペンデンス・デイ』では、宇宙人の大規模な地球征服と人類の抵抗が主軸となる映画だったが、この映画にはゴールデンレトリバーが登場する。

このレトリバーは大変に賢い犬で、ある母子と一緒に避難中、円盤からの攻撃に伴う爆風に見舞われるが、決死のジャンプによってすんでのところで難を逃れ、生き延びた。

合成の上手さと爆発の迫力から序盤の一番の目玉のようなシーンである。動物好きは絶対に手に汗握る場面なので記憶に残っているという方も多いかもしれない。

また、2018年に公開された『ザ・プレデター』にも、難を逃れて生き延びる犬が登場した。

さらに本作では、プレデターが使役する狩猟犬も登場したが、この狩猟犬のうちの1頭が人間の味方をして一緒に戦うことになる。

相手が相手だけに「うわぁ、このわんちゃん絶対死ぬじゃん」と身構えていたが、かなり頑丈な身体を持っているので無事に生き延びてくれた。

このように、ハリウッド映画にはしばしば犬が登場し、彼らは基本的に生き延びることが前提で話が進むことが多い。

そのため「ハリウッドのホラーやSFで犬が登場してピンチに陥っても、基本助かるので安心していい」みたいな論調まであるほどだ。


今回は【PETomorrow】さまの記事「ハリウッド映画に登場する犬は、最終的に生き残るケースが多い?」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:ハリウッド映画に登場する犬は、最終的に生き残るケースが多い?


シニア世代が犬を飼う。不安もあるけどメリットたくさん|いぬのきもちWEB MAGAZINE dog.benesse.ne.jp/withdog/conten… … 犬を飼うことの癒しホルモンやはり良いこともあるので私はメリット派です。#シニア #出会い #お茶飲み友達 #中高年 #熟年 #婚活 #アラフィフ出会い 1senior.net

いぬ、ラブラドールや雑種やら飼ってはいたものの家族は数人いたし、こんなに一対一みたいな時間少なかったので、いぬのきもちがあなたの脳に話しかけています感がすごい。特にわたしが排泄に神経を集中しているのでいぬのきもちにナーバスになっている。親とはこんなきもちなのかなあと想像する

「(読書スペースでいぬのきもちを読んでいる)」

関わりたくない人から始まる感情見させられたオタクの気持ち(いぬのきもちの音楽に合わせて)

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…