スポンサーリンク

認知症になった老犬を、懸命に介護する猫の実話「くぅとしの」

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

認知症になった老犬を、懸命に介護する猫の実話「くぅとしの」

手足が不自由な人の歩行を助ける「介護犬」は時々目にしますが、猫がだれかを介護する、という話はあまり聞いたことがないですよね。ところが、広島在住の晴(はる)さんと暮らす保護猫の「くぅ」は、大好きな柴犬「しの」が認知症を発症した後、つきっきりで懸命に介護をするようになりました。晴さんのInstagram「ひだまり日和」で伝えられているその様子が大きな感動を呼び、フォロワー数はいつしか7万4000人超えに…。そしてこの5月、ついに書籍化されたのです。


認知症の柴犬しのと甲斐甲斐しく介護する猫くぅ2匹の温かい交流を描いたフォトブック『くぅとしの(晴(はる)著/辰巳出版)』1,296円(本体1,200円):。著者の晴さんは広島在住で、くぅとしのの他に、6匹の保護猫たちと暮らしています。 

出会いは、くぅの一目ぼれ。猛烈アタックで両想いに。

しのは2011年ころ、晴さんが通勤途中に見つけ、保護したメスの柴犬でした。晴さんが見つけた時は皮膚病がひどかったため、動物病院に連れて行ったところ、推定年齢は10歳超えだったそうです。当時、保護猫と暮らしていて犬と暮らした経験のなかった晴さんでしたが、皮膚病と年齢を考えた結果、しのを引き取ることに。

その1年後、晴さん宅に引き取られたオスの保護猫がくぅでした。

くぅは、しのを見た瞬間に一目惚れ。晴さんによると、出会った瞬間にくぅの目はしのに釘付けになり、「今の誰?」と目をキラキラさせて晴さんに訴え、しのが見えた場所から動かなくなったそうです。当初、しのは外飼いだったのですが、晴さんの結婚を機に新居に引っ越し、しのも室内暮らしに。いつも一緒にいられることに喜んだくぅは、毎日、熱烈にアタックを開始。最初は迷惑そうだったしのも、次第に根負けして、いつしかくぅがそばにいることが自然な状態に…。

しのが認知症を発症…すると!

そんなしのに突然、見たことのない異変が相次いであらわれたのは、引っ越しから半年が過ぎたころでした。

あわてて動物病院に連れて行くと、診断は「認知症」。しのは、せまい場所や家具のすき間に挟まるようになり、後ずさりもできなくなりました。けいれんの発作を繰り返し、度々、てんかん発作も起こすように。晴さんは室内に円形のサークルを作り、その中で自力で歩行できるよう体を支え続けるなど、懸命の介護を続けます。そして、そのそばにはいつもくぅが寄り添っています。

しののことが大好きなくぅは、24時間そばを離れず、よろけるしのを倒れないよう先回りして支えたり、顔が枕から落ちているときはそっと鼻で押し上げて直してあげたりしています。

しのの認知症と老化が進むにつれて、くぅの介護の技も上達。寄りかかってくるしのを全身で支えながら歩いたり、止まって動けなくなったしのを、しっぽや頭で進行方向へ誘導したり・・・、とまるで人間の介護士のような手厚い介護をするようになり、晴さんを驚かせます。

そんなくぅの愛情とぬくもりは、ちゃんとしのにも伝わっていて、くぅがそばにいると安心した表情になります。またくぅが添い寝すると、ひとりの時よりも長くぐっすり眠ることができるのだとか。

フォトブックからは、そんなふたりの間に流れる愛情と信頼、ゆったり流れる幸せな時間が伝わってきます。そしてまた、認知症になっても、こんなふうに幸せな時間を過ごさせてあげることができるということにも、感動しました。ペットの高齢化が進む今の時代、このフォトブックは多くの人に励ましと、老後をともに幸せに暮らすためのヒントを与えてくれそうです。

取材・文/桑原恵美子

画像提供/辰巳出版

関連リンク/ブログ「ひだまり日和」(https://ameblo.jp/hinatabocco386) Instagram(hinatabocco.3) Twitter(hinatabocco_3)


今回は【PETomorrow】さまの記事「認知症になった老犬を、懸命に介護する猫の実話「くぅとしの」」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:認知症になった老犬を、懸命に介護する猫の実話「くぅとしの」


「(読書スペースでいぬのきもちを読んでいる)」

関わりたくない人から始まる感情見させられたオタクの気持ち(いぬのきもちの音楽に合わせて)

はーど「倍速で自己べでた俺の気持ち」 とわ「いぬのきもち」 れんきち「ねこのきもち」 はーど「ていうかれんきちととわさんからいぬのきもちねこのきもちきてたんだけどさ、その時俺いぬねこでさいたましてたからねwシンパシー」

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…