スポンサーリンク

「俺、つしま2」が登場!読者を裏切らない「つしまワールド」炸裂!!

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

「俺、つしま2」が登場!読者を裏切らない「つしまワールド」炸裂!!【ブックナビ】

猫主(または下僕)さんたちの心を揺さぶった猫漫画「俺、つしま」(おぷうのきょうだい著、小学館刊)の第2巻が発刊されました。今回も期待を裏切ることなく、感動させてくれます。猫の飼い主さんなら体験したことのあるたくさんのエピソードに笑いながら、しんみり泣かせてくれる「つしま」ワールドは、2巻でも健在です。

今回はつしまが飼い主の「おじいちゃん」と出会う前の、昔の仲間との物語が紹介されています。放浪時代、つしまは三頭の仲間と助け合いながら暮らします。食餌は二頭だと「はんぶんこ」で、仲間が増えると「さんぶんこ」にする日々。さんざん盗みに入っていた魚屋がコンビニになっていたり、肉をくれた店が廃業したり、野良猫の生きる道は辛くて厳しかった。それでもけなげに助け合い、居場所を見つけて生きてゆく。単純に「かわいい猫ちゃん」だけで終わる猫漫画とは一線を画しています。

とはいえ、笑える要素はあちこちにたっぷり用意されています。飼い主の「おじいちゃん」の虫嫌いっぷりや、家庭菜園の大失敗、近所の田中さんなど、個性的な登場人物も登場します。

読者は笑いながら、気づかないうちに、つしまの世界に引きずり込まれ、リアル「おじいちゃん」になっているはず。このリアルな感覚が、このシリーズの最大の魅力です。

狂暴な野良猫のオサムが、おじいちゃんに抱かれている顔は、そんなに嬉しそうではありません。どちらかというと不満げで、無表情にも見えます。猫を飼ったことがある人は、オサムの表情にこそ、リアルな猫らしさを感じるでしょう。このリアルさこそが、つしまの世界なのでした。

「いい家をみつけたんだ おまえもきっと気にいるぜ」、短い言葉に魂が宿り、作者の高い力量に裏付けられた、完成度の高さは、2巻を通して読めばさらに納得できるはず。シリーズ累計24万部の理由も、読めばわかります。絵もどんどん洗練されてきて、表紙のつしまの毛並みは、柔らかな感覚や、猫の匂いまで伝わってくるようです。2巻が登場したばかりなのに、もう次が待ち遠しくてたまりません。

この素晴らしい表紙と、今回は嬉しい絵葉書のプレゼント付きです。Twitterでどちらにするかアンケートを行っていましたが、両方の絵柄となりました。また、「俺、つしま」が本になったいきさつも、紹介されています。つしまのフィギュアが当たる応募券(7月31日締切)もついて今がお買い得。あなたもぜひ、つしまワールドをお楽しみください。

文/柿川鮎子


今回は【PETomorrow】さまの記事「「俺、つしま2」が登場!読者を裏切らない「つしまワールド」炸裂!!」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:「俺、つしま2」が登場!読者を裏切らない「つしまワールド」炸裂!!


犬のリード掛け設置してるお店さんって、トラブル起きたらどうするつもりなんだろう? 犬をつないで離れないで!実際に起こった事故・トラブル (いぬのきもちNEWS) - LINEアカウントメディア news.line.me/issue/oa-dogne… #linenews

えっ本当?吠えるのをやめてイイコになったワンコに、ご褒美はNGだった!|いぬのきもちWEB MAGAZINE dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…

@hinari_W どんな動物も結構イメージよりも繊細なんで予習大事と思います。いぬのきもちは14ヶ月位購読しましたw