スポンサーリンク

仰向けで寝る猫と、絶対に仰向けでは寝ない猫の違いとは?

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

猫の寝ている姿って、見てるだけで癒されますよね。

なんとも可愛くて、幸せな気分になれるものです。

ところで猫によっては、寝相にも個性があるというか、猫ごとに頻繁に見せる寝相というものがあります。

Aという猫は香箱座りのまま寝るのに対して、Bという猫はぐったりとした横向きの体勢で寝る、という感じでバリエーションを見せるところです。

そして中には、頻繁に仰向けになって寝ている猫も。

今回は、このような寝相を得意とする猫に焦点を当ててみたいと思います。

仰向けに寝る猫は何故仰向けで寝るのか?

我が家にも、頻繁に仰向けで寝る飼い猫がいます。

気付くと生後半年辺りから、いわゆる“へそ天”状態で寝ているのを見かけることが多くなり、今では毎日のようにその寝相を見せてくれます。

こういう、仰向けになって寝る猫って、そもそもどうして仰向けで寝るのでしょう。

これはよく知られてることですが、仰向けで寝る猫は性格がおおらかで、自分が住んでいる環境に安心しているからへそ天で寝ている、という説があります。

この説が100%正しいかどうかはさておき、考えてみればウチの仰向けで寝る猫は確かに性格がおだやかで、我が家の環境にもしっかり適応しています。

だからこそ、本来は弱点となる部位で、天敵から守らないといけないお腹を晒して、仰向けで安心して寝ているのかもしれませんね。

また、同じネコ科の動物であるライオンなども、しばしば安全が確認された状況では仰向けで寝ている姿が確認されています。

こちらの場合もやっぱり、周囲に危険がないときはへそ天で寝ても大丈夫と認識しているのかもしれませんね。

あるいは体についた寄生虫を、地面にこすり付けて落とそうとして、そういう姿勢にたまたまなっているだけなのかもしれませんが……。

ともかく、飼育下において飼い猫が仰向けで寝ているというのは、元々の性格と環境による産物と考えるのが妥当でしょう。


今回は【PETomorrow】さまの記事「仰向けで寝る猫と、絶対に仰向けでは寝ない猫の違いとは?」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:仰向けで寝る猫と、絶対に仰向けでは寝ない猫の違いとは?


愛犬にとって、お部屋の意外な熱中症危険スポットはココ! (いぬのきもちNEWS) news.line.me/issue/oa-dogne… #linenews

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…