スポンサーリンク

事故物件で暮らして分かった、ペットと霊のかかわり

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

みなさんは、幽霊の存在を信じますか?

筆者はあくまでも幽霊なんて存在しないと認識していて、それっぽいものを見ても、見間違いだと思っています。実際よくよく観察すると、本当に見間違いや勘違いだったということも多かったので(笑)。

ただし、世間には「幽霊は実在するんだ」と主張する方も大勢いますよね。そういった方々がしばしばその根拠として挙げるのが、入居者が長く居つくことなく、何度も入れ替わっている物件。

いわゆる事故物件です。

曰く因縁のある部屋って、相場よりかなり家賃が安いものですが、そういった物件に入居しても、幽霊を見たりしてすぐに逃げ出す人ってのがいるようです。

時には、無理に住み続けたせいで病気になったり、言動がおかしくなったり、最悪の場合、不審な死を遂げる……なんて話もありますよね。

まあ、筆者はあれら全て創作だと思っていますが。

いや、何もオカルトを信じる人たちに難癖をつけるというわけではありません。こんな感じで幽霊の存在に否定的な態度を見せるには、きちんとした根拠があるのです。

筆者が現在入居している戸建ての借家。ここだって事故物件という触れ込みだったものですから。

事故物件は本当に怖くないのか?

前述のとおり、我が家は元々事故物件として格安で貸し出されていたものです。2階建ての古い建物で、昔は1階が飲食店。2階はスナックだったということで、たしかにその名残みたいなものは残っています。

で、自称“見える人”によると、この家には数体の幽霊が今も居着いているのだとか。

筆者は霊感がないのでそんな気配は微塵も感じないのですが、そうだとしても幽霊がいるなら、ある程度の悪影響めいたものがあっても当然です。創作の世界ではそういう流れになるのが自然ですし。創作の世界では。

でも、何にも起きないんですよねえ。

日当たりもいいし、静かな立地に建つ、普通のボロい戸建て。それ以上でもそれ以下でもありません。

たまにゴキブリ、コウモリ、クモ、ハチが入り込んでくる以外のトラブルめいたいものも、一切ありません。つくづく「え? この家賃でこの広さ?」と驚くばかりです……。

幽霊がいるなら、飼い猫たちも察知するはずだけど…

ところで我が家では現在、3頭の猫がのんびり気ままに暮らしています。猫と言えばちょっとした異変にも敏感に反応する動物です。いわゆる霊の気配めいたものがあったのなら、それなりのリアクションを見せてもおかしくないところですよね。

が、幽霊やら何やらに敏感と言われる猫ですら、これまで我が家で妙な反応を見せたことは一度もありません。

「霊がいる!」と恐れているのは、自称“見える人”ぐらいのものでした。

さて、「ほら見ろ、やっぱり幽霊なんかいないんだ」と得意になっていた筆者でしたが、最近になって「あれ? ちょっとおかしいぞ」と思うような事態に直面してしまい……。

恐らく見間違いだとは思うのですが、1階の旧飲食店の食堂フロアの片づけをしているときに、一瞬だけ壁から腕が垂れ下がっているのが見えてしまいました。

驚いて二度見したらもう消えていたのですが、ひょっとしてひょっとすると、あれが幽霊なのかもしれません。ただ、1階には飼い猫を出入りさせていないので、これまで猫たちが何かを察知することはなかった、ということなのでしょう。

最初はちょっとだけびっくりしたんですけど、でも冷静に考えると、ただの腕ですからね。

幽霊が壁に埋まってるってだけの話ですから、別にそこまで怖くないし、そもそも見間違いだろうと割り切ることにしました!

おわりに

主な生活スペースである2階には、一切の異常もありません。

夏場は虫がどこからか入り込んでくるぐらいのもので、これもイイ刺激ですから、問題なしです。

強引にまとめると、事故物件なんてただの格安お値ごろ物件でしかありません!

たとえ事故物件に住んでいようと、問題のある区画にさえ出入りしていなければ、人もペットも全く問題なく格安で生活できるということでしょう。

そもそも幽霊なんて本当はいないわけなので、ただの見間違いにいちいち戦々恐々とする必要もないのです!

ところで、これは知人の不動産関係者から聞いた話なのですが、特定の部屋だけがヤバい物件は他にも山ほどあるそうです。

でも、そういう物件はやっぱり格安ですし、問題の部屋にさえ立ち入らなければ普通に暮らせるので、考えようによってはお値打ちとも言えるかもしれませんね。

ともかく、事故物件に住んでいて、ペットも一緒に暮らしていたとしても、いわゆる“開かずの間”にさえペットを入れない限りは影響はないようです。

文/松本ミゾレ


今回は【PETomorrow】さまの記事「事故物件で暮らして分かった、ペットと霊のかかわり」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:事故物件で暮らして分かった、ペットと霊のかかわり


虐待され障がいを負った犬が、子どもに伝える「命の大切さ」(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…

@tintinpapa3 いぬのきもちさんは、優しいんだよぉー🎵

猫と仲良くなりたい柴犬 「絶妙な距離感」で頑張る姿がスゴい…|いぬのきもちWEB MAGAZINE dog.benesse.ne.jp/lovedog/conten…

@tintinpapa3 いぬのきもちさんからの、プレゼントなんですぅ~🎵

虐待され障がいを負った犬が、子どもに伝える「命の大切さ」(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…