スポンサーリンク

『ボルボV60 Cross Country』で行く伊豆 坐漁荘 松琴亭ペットルーム 前編【わんこと行くクルマ旅】

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

“旅するラブラドールレトリーバー”、そして今13歳、自称自動車評論犬!?歴11年のマリアが、ついに出会ってしまいました。究極のドッグフレンドリーカーに!それは北欧、スウェーデンのクルマ、2008年に「新しいボルボ車での交通事故による死亡者や重傷者を2020年までにゼロにする」というビジョン、“Vision 2020”を発表した、ボルボ最新のV60 Cross Countryです。


4月に発売されたばかりのボルボV60 Cross Country


安全・快適性能、ドッグフレンドリー度は世界最高峰


究極のドッグフレンドリーカーです


ワイルドな装いのエクステリア

その理由はこれからじっくりと説明していくとして、ボルボV60 Cross Countryの車格にふさわしい“わんこと行くクルマ旅”の目的地として選んだのが、スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)に加盟している、伊豆の老舗高級旅館、伊豆・伊東 浮山温泉 「ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘」(アバリゾート イズ ザギョソウ)が、2019年4月1日にオープンさせた、開業50 年もの歴史の中で初めてとなる、ペット同伴可能な本館離れの一戸建て露天風呂付きのお部屋「松琴亭ペットルーム」。もう、これ以上ないホットな組み合わせわん!


ペットルームを新設したABBA RESORTS IZU – 坐漁荘

2019年4月に発売された、新型ボルボV60 Cross Countryは、SUVとワゴンを融合させたボルボ伝統のCross Countryモデル。PETomorrowでも紹介済みのプレミアム・ミッドサイズ ステーションワゴン『V60』をベースに、オールロード性能を高めたクロスオーバーモデルです。


ワゴンとSUVを融合させたV60 Cross Country

悪路の走行性能を高める最低地上高210mmを確保しつつ、全高はなんと都会の立体駐車場の入庫も容易な1505mmを実現。また、V60シリーズのガソリンモデル(プラグインハイブリッドモデルを除く)として初の、待望のAWD車(四輪駆動)なんだって。


最低地上高は本格SUV同等の210mm


V60にはラインアップされないAWD専用車

その上で、世界最高峰の16種類以上の先進安全・運転支援技術「INTELLI SAFE」を標準装備し、なおかつV60同様に「走行距離無制限の新車5年保証」も採用し、これから説明していく数々のドッグフレンドリーポイントや、種類豊富な愛犬の安全・快適性にこだわり抜いた純正ドッグアクセサリーまで備えているのだから最強わん!


世界最高峰の先進安全・運転支援技術を搭載


車体の回りに多数のカメラとセンサーが配置されています

わが家にやってきた『ボルボV60 Cross Country』はT5 AWD Proというグレード。早速、ラブラドールレトリーバーのマリアジャックラッセルのララがドッグフレンドリーポイントをわんわん調べてみると、まず驚いたのが、最低地上高210mmの本格的な悪路走破性を備えているにもかかわらず、ゆったりとしたスペースの後席、ラゲッジルームがともにごく低いこと。

具体的には、後席の地上高は約59cm。開口部に段差がなく犬が自身で安全に乗り降りできるラゲッジルームの地上高は約67・5cm。まさにSUVとワゴンを融合させたメリットそのもの(寸法はマリアの実測)。


後席はごく低くセットされています


ラゲッジルームの開口部に段差なし


クロスオーバーモデルとして圧倒的に低いラゲッジフロア

後席部分にはセンターコンソール後端、およびボルボならではのBピラーの3ヶ所に4ゾーン・フルオートマチック・エアコンディショナー(グローブボックスクーリング機能付き)が備わり、暑がりの犬も1年中、快適に過ごせるというわけ。


4ゾーンで調整可能なエアコン


ボルボはBピラーにも吹き出し口を完備

『ボルボV60 Cross Country』は実用装備も満載です。その中のひとつ、マリアがドッグアクセサリーポイントとして推したいのが、ハンズフリー・オープニング/クロージング機能付きのパワーテールゲート。両手に犬を引いていたり、犬を抱っこしている状態で、リモコンキーを携帯していれば、リアバンパーの下に足を出し入れするだけでテールゲートの自動開閉が可能。しかも、パワーテールゲートは最後に閉まるところでガシャンという音や振動がなく、静かにスッと閉まるから、乗っている犬の耳にもやさしいんだよ。


足の操作でテールゲートを開閉できます

★動画でもチェック!「究極のドッグフレンドリーカー「ボルボV60 Cross Country」


今回は【PETomorrow】さまの記事「『ボルボV60 Cross Country』で行く伊豆 坐漁荘 松琴亭ペットルーム 前編【わんこと行くクルマ旅】」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:『ボルボV60 Cross Country』で行く伊豆 坐漁荘 松琴亭ペットルーム 前編【わんこと行くクルマ旅】


いぬのきもちのメロディ

@sakuppi43 「いぬのきもち」を読みましょう📖🐶

家の中にも危険が……愛犬のケガを予防する室内環境5つのコツとは(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…