スポンサーリンク

昼寝を襲撃!【森ネコ、ギャングを迎えて】

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

2019年1月15日

森ネコ・ギャングスターのフィリックスに会うため、「御蔵島のオオミズナギドリを守りたい有志の会」の長谷川さん宅へ。2回目のギャング謁見です。

森ネコ部屋に入り、キャットタワーの中をのぞいて、

「フィリックスさ〜ん? 見えないよー?」と声をかけるものの、

無反応……。

「お会いしとうございました〜。お顔みたいよー」と言っても、

無反応……。

「フィリックスさ…」と言いかけてたら、とびっきりの

ファーーーー!!!!を頂戴しました!

「相変わらず、絶賛威嚇中ですね!」と長谷川さんに言うと

「だいぶ、人前でご飯を食べるようになったんですけどねえ」と。

今回はできれば、ギャングの全体像を見てみたい。

初回は、結局キャットタワーの奥深くに身を潜め、出てきてくれなかったので。

そこで、ある作戦をとることに。

「森ネコ部屋を出てリビングで待機。30分くらいしたら、抜き足差し足で部屋に入って、フィリックスが部屋を歩いているところを見る」

という、超アナログ作戦!

しばし、リビングで長谷川さん、草地さんと森ネコ談義を交わしたあと、

「では、そろそろ!」と促されて、ひとりで森ネコ部屋へと向かいました。

そろ〜り、そろ〜り。

こんな作戦で、うまくいくかしら?

ドアを静かに開けると……

「フィリックスさん!」

でーん! ケージの上でお昼寝をしようとしていたみたいです。


むむっ。にゃんだろう、こいつ……

フィリックスの全体像を見た私は、有頂天!


お? こいつなんかするのか?


なにをたくらんでいるんだ? にゃんだ?

そろ〜りと後ろからやってきた長谷川さんに、革手袋を渡されて、着用!

「フィリックスさん〜。なでなで」

(お、お、お? にゃ、なにがおきているんだ?)

動揺しているのか、諦めているのか、硬まるギャング。

シャーもネコパンチもありません!


あ、あせった……。にゃんなんだ、こいつ……

「あ〜ん、可愛い! 鼻の横のほくろかわいい! 肉球がピンクでかわいい!」


こいつ、こないだもきたな……。オレちんとしたことが。ケイカイしなくては

その傍、フィリックス常駐のキャットタワーの中には、ある程度人慣れしたブラックスチームが。フィリックスと私の攻防をじっと見つめていました。


アニキ、ニンゲンって、そんなわるいやつらじゃにゃいっすよ

とか言って説得してくれないかなー(なんて)。

今日のひとこと。

作戦の末、ようやくフィリックスの全体像をみることが叶いました!

それでも、警戒心が強くて人になかなか心を許さないフィリックス。他の森ネコたちは、着実に人馴れがすすんでいるのに……。

ネコも性格があるんですね! めげずに、気長に付き合っていきたいと思います!

連載「森ネコ、ギャングを迎えて」のバックナンバーはこちらから

写真・文/小林 希(こばやしのぞみ)

旅、島、猫を愛する旅作家//Officeひるねこ代表

東京都出身。在学中写真部に所属。2005年サイバーエージェントに入社、出版社に配属。2011年末に退社し、世界放浪の旅へ。1年後帰国して、『恋する旅女、世界をゆくー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎文庫)で作家に転身。主に旅、島、猫をテーマに執筆活動・写真活動している。著作など多数。また、瀬戸内海の讃岐広島に「ゲストハウスひるねこ」をオープンするなど、島プロジェクトを立ち上げ、地域おこしに奔走する。現在世界65カ国、日本の離島80島をめぐる。年150日は東京以外の他拠点生活。旅でみんながつながるオンラインサロン『しま、ねこ、ときどき海外』運営し、サロンメンバー(ひるねこ隊)の隊長として、さまざまな旅企画など実行中。女性誌『CLASSY』やデジカメWatchで連載中。


今回は【PETomorrow】さまの記事「昼寝を襲撃!【森ネコ、ギャングを迎えて】」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:昼寝を襲撃!【森ネコ、ギャングを迎えて】


うちは割と最初からメリハリつけてたから、寂しそうにしても出かけてしまうと平気そうだが…永遠の別れなんてそんな気持ちを毎日感じさせるのは可哀想だなぁ。 永遠の別れを感じてるかも…お留守番が苦手な犬の3つの特徴と改善策(いぬのきもち WEB MAGAZINE) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

どっちもかわいい☺ 猫と仲良くなりたい柴犬 「絶妙な距離感」で頑張る姿がスゴい…|いぬのきもちWEB MAGAZINE dog.benesse.ne.jp/lovedog/conten…

度重なる眼病に襲われた愛犬。右眼の眼球を摘出した、飼い主さんの決意|いぬのきもちWEB MAGAZINE dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…