スポンサーリンク

「ペットの定期健診」と言われてもよく分からない…最適な検診頻度とは?

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

「ペットの定期健診」と言われてもよく分からない…最適な検診頻度とは?

最愛のペットと1日でも平穏に過ごすためには、何はなくともペットの健康管理。これがとにかく大切になります。日々の体調のチェックはもちろん必須ですが、くわえて食欲、排泄物のチェックまで目ざとくこなすことで、初めて健康管理はかなうと考えるべきでしょう。

とは言っても、やっぱり素人目には本当にペットが健康かどうか確信するのもなかなか難しいところ。やっぱり専門家の目を頼りにすることが一番です。

定期的な検診。これが大事になります。

ただ、一口に定期健診と言っても、飼い主によって“定期”の定義が違いますよね。

1年おき、という方もいれば半年おきに検査してもらっているという方もいます。これって、理想的な検診頻度の目安はないものでしょうか?

今回はこれについて、考えていきたいと思います。

飼い主の負担を減らすことを念頭に入れると、年一が妥当?

いきなり筆者の話になるのですが、自分の健康診断にはちょっと無頓着なところで、酷いときには4年に1度のペースで検診を受けています。どこかで自分がまだ若いから大丈夫だろう。問題ないだろうという気持ちがあるんでしょうね。

ただ、我が家の飼い猫たちについてはそうも言っていられないところ。動物は自分でSOSを発信することが少ないわけなので、何も異変はなくとも、半年おきに検診を受けてもらっています。

でも周囲のペットと暮らす人々を観察してみると、やっぱり一番多いのは年に一度の検診というペースですね。あまりしょっちゅう出向いても金銭的に負担がかかるものですし、まあ、妥当な頻度といったところでしょうか。

実際、これまで筆者が飼い猫を受診させてきた動物病院の獣医さんも、「年に一度でいいと思うよ」と話していました。

セカンドオピニオンの際にお世話になっている別の獣医さんも「年に一度でいいよ」と言っていたので、ベーシックな頻度となると、年に一度ということになるのかもしれません。

さすがにペットが高齢になっていけば、それだけ健康面での気遣いも重要になるので、そうなったら半年に一度のペースでも悪くないでしょうけど。


今回は【PETomorrow】さまの記事「「ペットの定期健診」と言われてもよく分からない…最適な検診頻度とは?」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:「ペットの定期健診」と言われてもよく分からない…最適な検診頻度とは?


いぬのきもちのメロディ

@sakuppi43 「いぬのきもち」を読みましょう📖🐶

家の中にも危険が……愛犬のケガを予防する室内環境5つのコツとは(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…