スポンサーリンク

超シンプルなのに“猫”すぎる!「藝大の猫展」ポスターに注目!

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

2019年4月26日から東京藝大美術学部構内のギャラリーショップ「藝大アートプラザ」で開催される猫アートの祭典「藝大の猫展」。さまざまな分野のアーティストたちによる、猫アートの競演というだけあって、愛猫家たちの話題をさらうのは間違いなさそう。

そのポスターに描かれている猫のスケッチが「シンプルな線なのに、ものすごく猫そのもの」「キュートすぎる!」と、早くも注目されています。


「藝大の猫展」は、2019年4月26日(金)から5月26日(日)までの1か月間、東京藝術大学 藝大アートプラザ(台東区上野公園12-8)で開催。入場無料。写真右はこのポスターのスケッチを描いたイラストレーター、小泉さよさんの愛猫たち

描いているのは、4匹の猫と暮らす愛猫家イラストレーター

ポスターを描いているのは、藝大出身で猫関連の著作も多い人気イラストレーター、小泉さよさん。高校時代から飼い猫をよくスケッチしていたそうで、今回の作品も現在いっしょに暮らしている猫や、前に暮らしていた猫をモデルに描いたそうです。

「猫はすぐに動いてしまうので、すばやくスケッチしなければならず、ついつい寝ている猫が多くなってしまいます。やはり愛しいわが猫なので、描いているときは幸せな気持ちになります。スケッチは一発勝負なので、きれいな線が引けたときはとてもうれしいです」(小泉さん)


小泉さんは、愛猫との暮らしぶりを描いた著書の多い愛猫家。


愛猫・ちょうじろうとの別れを描いた「さよなら、ちょうじろう。」(ベストセラーズ)は、少しずつ弱っていく愛猫と最後まで寄り添う姿が「まさに愛のかたまり」「悲しいけれど温かい気持ちになった」と、多くの愛猫家の感動を呼んだ名作猫本として知られています。


今回は【PETomorrow】さまの記事「超シンプルなのに“猫”すぎる!「藝大の猫展」ポスターに注目!」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:超シンプルなのに“猫”すぎる!「藝大の猫展」ポスターに注目!


いぬのきーもち!ねこのきーもち!ひなのきーもち‼️‼️‼️‼️‼️‼️

マスターが何か読んでる…。 いぬ?いぬのきもち…? マスター、わんこさん飼うのかなぁ…(*・ω・)

「飼い主さんのことが大好き」な犬が見せる2つの行動(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

珍しい組み合わせ✨ みんな、夏らしいお洋服で決めてます😎 いぬのきもち#犬ばか部#犬カフェ#犬すたぐらむ#犬のいる暮らし#黒柴#豆柴#柴すたぐらむ#柴犬#プードル#犬好きな人と繋がりたい#東京#秋葉原#インスタ映えスポット

test ツイッターメディア - 珍しい組み合わせ✨
みんな、夏らしいお洋服で決めてます😎

いぬのきもち#犬ばか部#犬カフェ#犬すたぐらむ#犬のいる暮らし#黒柴#豆柴#柴すたぐらむ#柴犬#プードル#犬好きな人と繋がりたい#東京#秋葉原#インスタ映えスポット https://t.co/mfRfBZJWjh

「飼い主さんのことが大好き」な犬が見せる2つの行動(いぬのきもち WEB MAGAZINE) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…