スポンサーリンク

東京藝大に、あの「つしま」がやってくる! 猫アートの祭典「藝大の猫展」速報!

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

あの藝大で、なぜ「猫展」!?

「東京藝大」といえば、言わずと知れた日本の芸術分野の最高学府。自分には縁のない場所、というイメージがありましたが、その藝大の美術学部構内にあるアートショップ「藝大アートプラザ」で、猫アートの祭典「藝大の猫展」が開催されるという情報をキャッチしました!


「藝大の猫展」は、2019年4月26日(金)から5月26日(日)までの1か月間、東京藝術大学 藝大アートプラザ(台東区上野公園12-8)で開催(入場無料)。ポスターのスケッチを描いているのは、藝大出身の人気イラストレーター、小泉さよさん

「藝大アートプラザ」は多くの方がアーティストと出会い、交流が出来る場所になることを目的に、藝大の学生、教職員、卒業生の作品を中心に展示・販売しているギャラリー。これまで展示販売してきた作品のなかでも、特に猫を扱った作品がとても人気が高いことから、今回の展示が企画されたとか。

「藝大の猫展」期間中は、「猫」をテーマに藝大のアーティストたちが作品を制作。絵画・彫刻・工芸・建築・映像・写真・音楽など、総合芸術大学ならではの幅広いジャンルの作品が多数、展示されます。もちろん、気に入った作品はその場で購入することもできます。

期間中の臨時店長は、あの「つしま」!?

特に話題を集めること間違いなしなのが、猫好きから絶大な支持を得てベストセラーとなったコミック「俺、つしま」(小学館刊)のつーさんこと、つしまが猫店長となって参加すること。入り口で、つしま店長のオブジェが来場者をお迎えしてくれるというのも、今回の企画展の見どころです。

人気イラストレーター・小泉さよさんのスペシャル猫グッズも販売!

ポスターのスケッチを担当している小泉さよさんは、2匹の愛猫たちとの暮らしをほのぼのとしたタッチで描いた「まったりゆるゆる猫日記」(学習研究社)、愛猫・ちょうじろうとの別れを描いた「さよなら、ちょうじろう。」(ベストセラーズ)、「うちの猫を描こう! なぞりから始める、かわいい猫の描き方」(KADOKAWA)など、猫関連の著作も多い藝大出身の人気イラストレーター。

ポスターのスケッチは、いっしょに暮らす愛猫たちがモデル。シンプルな描線で、猫好きには悶絶ものの一瞬を見事にとらえていますよね。期間中は、そのスケッチをあしらったTシャツやマルチクロス、マルシェバッグなどのグッズも特別販売されます。ここでしか手に入らないものばかりなので、ファンの方にはこちらも見逃せないチャンスですね!


(写真上左)「マルシェバッグ/猫」(1,600円+税)、(写真上右)スケッチのモデルとなった、小泉さよさんの愛猫「せと」(♀・2才)と「おとじろう」(♂・2才)

“藝大猫”・ミケちゃんに遭遇できるかも?

東京藝大の構内には、音楽学部楽理科の福中冬子教授を中心に、藝大猫と地域との共生を考えるグループ「芸猫会」がお世話をしている地域猫、「ミケちゃん」「ドードーくん」がいます。大学公認の猫なので、夕方になると毎日、音楽学部の正門付近に堂々と姿をあらわすとか。運が良ければ遭遇できるかも!


大学公認のオフィシャル猫「ミケちゃん」。近日、動画を配信します!

PETomorrowでは今後、藝大のオフィシャル猫ちゃんの動画や、展示作品情報などを続々、お伝えしていきます。どうぞお楽しみに!

関連URL/藝大アートプラザ

藝大オフィシャル猫撮影/福永仲秋
取材・文/桑原恵美子


今回は【PETomorrow】さまの記事「東京藝大に、あの「つしま」がやってくる! 猫アートの祭典「藝大の猫展」速報!」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:東京藝大に、あの「つしま」がやってくる! 猫アートの祭典「藝大の猫展」速報!


飼い主さんの「あの言葉」を聞くとついうれしくなってしまう柴犬|いぬのきもちWEB MAGAZINE dog.benesse.ne.jp/lovedog/conten…

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…