スポンサーリンク

フリーズドライのシラウオ、いただきます【猫のおやつを食べてみた!】

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

【猫のおやつを食べてみた!】
第10回 フリーズドライのシラウオ、いただきます

突如始まったこのコーナー“猫のおやつを食べてみた!”が、早くも連載10回目を迎えました〜!! おめでとうございますありがとうございます!

我が愛猫、ノルウェージャンフォレストキャットのるーさんも、たいそうお喜びですわ。

……猫のおやつを人間の俺が食ってしまうからか、徹底的にやる気が感じられないですがね。……でもいいじゃん!! 最終的にはオマエらにも、おこぼれが回ってくるんだからさ!! ちょっとは協力してくださいよ〜><

というわけでさっそく、今回のお題を発表いたします。猫の視線を避けつつ、コソコソポリポリと食べてしまうのは……こちらの猫おやつですッ!!

ママクックの“フリーズドライのシラウオ”が来てくれたッ!!

これ、週末に行った越谷レイクタウンの意識高い系ペットグッズショップで見つけたんだけどね。もう、いろんな意味でハイソ感とかロハス感がにじみ出てて震えるわ。

「ウチは国産シラウオのみですのよ♪」

「さらに無添加ですわ♪」

「欲しがり方が違いますの♪ ぽっ」

なんて、白金あたりの上品なマダムがシャネルの匂いを放出しながら手に取りそうな感じ。それくらい、品があるおやつだわ。

でも残念ながら今回手に取ったのは、シャネルじゃなくて加齢臭を発散させているワタクシめである。ごめんな。

このシラウオおやつ、13グラムで650円(!)と高価なだけあって、かな〜りこだわって作られている。前述の通り国産のシラウオのみを使っているのに始まり、無添加、無着色、そして加工・包装まですべて国内で行っているという徹底っぷりである。余分なものがいっさい入っていない“ザ・シラウオ”なので、じつに安心して“俺も”食べることができます。でも裏面にキチンと、“人間用ではありません。”と強調文字で書かれているので、猫にだけあげるのがいいと思います(当たり前だがな)。

なんか猫がワラワラと集まってきたので、とっとと撮影しちまいましょう。


今回は【PETomorrow】さまの記事「フリーズドライのシラウオ、いただきます【猫のおやつを食べてみた!】」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:フリーズドライのシラウオ、いただきます【猫のおやつを食べてみた!】


飼い主さんの「あの言葉」を聞くとついうれしくなってしまう柴犬|いぬのきもちWEB MAGAZINE dog.benesse.ne.jp/lovedog/conten…

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…