スポンサーリンク

猫をお風呂に入れるなら!知っておくと役立つあんしん入浴法

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

猫をお風呂に入れるなら!知っておくと役立つあんしん入浴法

たまに、SNSなんかでどこかの家の飼い猫が、ゆったりと湯船に浸かって気持ち良さそうにしている画像や動画を見つけることってありませんか?

猫は動物の中でも随一の綺麗好きですし、体臭もないのでぶっちゃけ入浴させる必要もないのですが、ああいう画像・動画って見てると癒されますよね(笑)。

場合によっては「よし、うちの子もお風呂に入れてみよう」と思い立って、実際に挑戦したという方もいらっしゃることでしょう。

ただ、猫って基本的には体を水に浸けることには抵抗を感じる動物なので、激しい抵抗に遭うことのほうが多いはずです。

でも、ちょっとしたコツさえ掴むと、案外猫も安心して入浴してくれるものなんですよね。

そこで今回は、どうしても愛猫をお風呂に入らせたいという飼い主さんのために、適切な入浴法について紹介していきたいと思います。

そもそも猫が入浴を嫌がる理由が、お風呂場には詰まっていることを知ろう!

猫の多くが入浴を嫌がるということは冒頭で書いたとおりですが、では何故嫌がるのでしょうか。

まずはその理由からいくつか挙げてみたいと思います。

猫は人間と暮らすずっと前、野山で狩りをしながら生活してきた動物です。

山の中は気温の寒暖差も大きく、夜は特に冷え込むような地域にも猫たちは暮らしてきました。そういった時代、猫にとっては雨で毛が濡れたまま夜を迎えるというのは、死に直結するほどの危機にも発展しかねない危険な状況だったわけです。だから徹底的に体が濡れないように注意していたと言われています。

この当時の習性のなごりは、ペットになった猫たちにもある程度継承されています。個体によってはとっくにそんなものを捨て去っている子もいますが、やっぱり猫にしてみれば「濡れる=危険」ということなんですよね。

さらに、猫は普段あまり出入りしない環境には特に敏感です。猫がお風呂場に出入りしないように気をつけている家庭では、猫をお風呂場に入れること自体「何が起きるか分からない」状況。勢い良く水が出て、音も発生するシャワーや、お湯を出す蛇口などは、猫にとって興味半分、警戒心も半分といった状態になりやすいわけです。

その上で飼い主がシャワーでいきなり猫の体を洗浄しようとしたら、まあ大抵の個体はパニックになってしまうことでしょう……。

猫を入浴させたい場合は、「静かに、ぬるめに、浅く」を心掛けよう!

さて、ここからが本題です。

先ほど書いたような猫が入浴を嫌がるポイントをふまえつつ、少しでも警戒心を解いて入浴させるための具体的な流れを書いていきましょう。

まず、お湯の温度ですが、人間が入るよりもかなりぬるくしておきましょう。

我が家では飼い猫のお尻が汚れているときなどにはタライにぬるま湯を張って、そこで入浴させていますが、まず絶対に40℃以下でお湯を出し、しばらく冷ますことを心がけています。

世帯ごとにお湯の設定温度の下限は異なるものですが、理想的なのは35℃前後です。人間だとちょっと肌寒く感じるぐらいが、猫の体温にはちょうどマッチするとおぼえておきましょう。

その上で大事なのは、大きな音を立てないことですね。

静かにお湯に浸かってもらい、ゆっくりと手で猫の背中などにかけ湯をして落ち着かせましょう。

お湯の深度ですが、猫が4本足で直立しているときに、問題なく顔が浸からない程度であれば大丈夫です。

あまり深くしてしまうと、猫はパニックになってしまうので、ここは要注意ですね。

そしてあまり長湯させずに、数分程度で終わらせることと、入浴後はしっかりとタオルで乾かしてあげること。これも大事です。ほとんどの猫はドライヤーを嫌がるので、飼い主さんがしっかりとタオルで綺麗に水気をとってあげましょう。

おわりに

そもそも猫は一生入浴させる必要はない程度には清潔な動物です。ただし、もしも家から脱走して泥だらけで帰ってきたり、たまたま猫を屋外で拾ったりした場合は、入浴させてあげるのもいいでしょう。

それから、高齢になっておもらしをするなどした場合、下腹部だけでも洗ったほうがいい場合もありますので、そういった場合も入浴させるのも悪くありません。

以上で猫が安心して入浴できるための方法の説明は終わりますが、恐らく特別なことは何も書いていないと思います。要は猫が驚かず、怖がらない入浴のさせ方って、猫の飼い主さんであれば毎日やっている配慮の延長線上にある、ちょっとした気遣いがあれば誰でもできるものなのです。

文/松本ミゾレ


今回は【PETomorrow】さまの記事「猫をお風呂に入れるなら!知っておくと役立つあんしん入浴法」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:猫をお風呂に入れるなら!知っておくと役立つあんしん入浴法


いぬのきーもち!ねこのきーもち!ひなのきーもち‼️‼️‼️‼️‼️‼️

マスターが何か読んでる…。 いぬ?いぬのきもち…? マスター、わんこさん飼うのかなぁ…(*・ω・)

「飼い主さんのことが大好き」な犬が見せる2つの行動(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

珍しい組み合わせ✨ みんな、夏らしいお洋服で決めてます😎 いぬのきもち#犬ばか部#犬カフェ#犬すたぐらむ#犬のいる暮らし#黒柴#豆柴#柴すたぐらむ#柴犬#プードル#犬好きな人と繋がりたい#東京#秋葉原#インスタ映えスポット

test ツイッターメディア - 珍しい組み合わせ✨
みんな、夏らしいお洋服で決めてます😎

いぬのきもち#犬ばか部#犬カフェ#犬すたぐらむ#犬のいる暮らし#黒柴#豆柴#柴すたぐらむ#柴犬#プードル#犬好きな人と繋がりたい#東京#秋葉原#インスタ映えスポット https://t.co/mfRfBZJWjh

「飼い主さんのことが大好き」な犬が見せる2つの行動(いぬのきもち WEB MAGAZINE) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…