スポンサーリンク

里親への道【森ネコ、ギャングを迎えて】

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

はじめまして、旅作家の小林希です。

「地球ネコ旅」の連載を読んでくださっている方は、改めまして、こんにちは!

私は普段、国内外旅をしながら、本や雑誌などの原稿を書いたり、写真を撮ったりして活動しています。

20代の頃は会社員でしたが、2011年の終わりに思い切って会社を辞め、世界放浪の旅を約1年間しました。帰国後、生活は大きく変わり(曲がり?)ました。

まず、今のようにフリーランスとして仕事をはじめたこと。そして、ネコが死ぬほど好きになって、世界中のネコの写真を撮り続けるようになったこと。

そして、いつか「ネコと暮らしたい!」と強く思うようになりました。

でも、ごく自然な形で出会いたい。

周りには、「捨て猫を拾った」とか「家の前に子猫が入ったダンボール箱があって」なんて、運命の出会いを果たしている人も多いのに、私にはそんな機会は全く訪れず……。

きっと、神様が、「旅をするお前さんにはネコと暮らす資格はないよ〜」と言ってるのかも? そう思っては諦めていました。

2018年の10月24日。

取材で伊豆諸島の御蔵島へ行ったときのこと。

御蔵島の周りは、イルカが暮らす自然豊かな島です。実は今、御蔵島の森の中には、イエネコが野生化して増え続け、最大2000匹近くの「森ネコ」が暮らしていることを知りました。

問題は、森ネコたちがオオミズナギドリという鳥を食べてしまうこと。近年オオミズナギドリが激減しており、その理由のひとつには森ネコの捕食があげられています。

そのため、「御蔵島のオオミズナギドリを守りたい有志の会」が森ネコを捕獲して、都内に連れていって、里親を探す活動をしているのです。そもそもネコたちに罪はなく、ネコを放した人間に責任があるのです。

御蔵島の観光案内所で森ネコの話を聞くと、有志の会主催の「御蔵島の森ネコ写真展」が都内であるから行ってみては、とチラシをもらいました。

2018年10月28日、都内に戻ってすぐ写真展へ行きました。元野生とは思えない、人と暮らしはじめた森ネコたちのおだやかな表情に驚きました。

主宰者「御蔵島のオオミズナギドリを守りたい有志の会」代表の長谷川さんとお話をすると、現在も継続的に森ネコの里親を探しているそうです。

ちょっと迷いながらも、

「私、里親になりたい気持ちはあるのですが……」

と、正直に現在の仕事のことや、独身であること、ネコと暮らした経験がないことなど、ネコと暮らすにあたって塵積もっていた不安要素を伝えました。

「始めはすごく警戒するけど、あっという間にイエネコになる子もいますよ。それに、僕もよく旅に出るので、その間のケアを誰がするかを話し合えれば大丈夫です!」と長谷川さん。

「里親募集中のネコたちです」と、15匹のネコの写真を長谷川さんが見せてくれました。

そこで、パッと目があったのが、ハチワレの黒白ネコ・フィリクス。

「なんて目力のある顔なのかしら」と、恋するようにその瞳に引き込まれました!

「フィリックスはまだぜんぜん人に慣れてなくて。でも、一度会いにきてください」

ネコと一緒に暮らしたいと思ってから、実に7年。

「里親になれますよ!」と言われる日がくるとは!

それも、仔猫ではなくて、5歳の猫だとは!

まさに、その日が「突然来た!」という感じ!

ウキウキ、ワクワク、ドキドキ、ハラハラ。

さまざまな感情に満たされました。不安、期待、喜び、勇気、覚悟。

フィリックス、どんな子だろう?

ところが、フィリックスさん。

森ネコ界のギャングスターだったのです!

事前予告通り、まったく懐いてくれません!

フィリ「ファーーー!!!!」

私「しぇー!!!」

さあ、どうなるの!?

こうして、ギャングとまみえた私は、里親への道がギギギーッと音をたてて、開かれたのです。

今日のひとこと。

その出会いは突然にやってきました。

野生化した森ネコは、野良猫とはちがって、自然の中で生まれ育ったまさにワイルドなネコたちです。人と一度も接したことがない森ネコたちが、人との暮らしを始めてどうなるのか。フィリックスとの暮らしを前に、いろいろと準備をしていこうと思います!

写真・文/小林 希(こばやしのぞみ)

旅、島、猫を愛する旅作家//Officeひるねこ代表

東京都出身。在学中写真部に所属。2005年サイバーエージェントに入社、出版社に配属。2011年末に退社し、世界放浪の旅へ。1年後帰国して、『恋する旅女、世界をゆくー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎文庫)で作家に転身。主に旅、島、猫をテーマに執筆活動・写真活動している。著作など多数。また、瀬戸内海の讃岐広島に「ゲストハウスひるねこ」をオープンするなど、島プロジェクトを立ち上げ、地域おこしに奔走する。現在世界65カ国、日本の離島80島をめぐる。年150日は東京以外の他拠点生活。旅でみんながつながるオンラインサロン『しま、ねこ、ときどき海外』運営し、サロンメンバー(ひるねこ隊)の隊長として、さまざまな旅企画など実行中。女性誌『CLASSY』やデジカメWatchで連載中。


今回は【PETomorrow】さまの記事「里親への道【森ネコ、ギャングを迎えて】」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:里親への道【森ネコ、ギャングを迎えて】


この顔でいつも覗いてきます👀❤️ 可愛さアピール👼✨ いぬのきもち#犬ばか部#犬カフェ#犬すたぐらむ#犬のいる暮らし#黒柴#豆柴#柴すたぐらむ#柴犬#プードル#犬好きな人と繋がりたい#東京#秋葉原#インスタ映えスポット

test ツイッターメディア - この顔でいつも覗いてきます👀❤️
可愛さアピール👼✨ 

いぬのきもち#犬ばか部#犬カフェ#犬すたぐらむ#犬のいる暮らし#黒柴#豆柴#柴すたぐらむ#柴犬#プードル#犬好きな人と繋がりたい#東京#秋葉原#インスタ映えスポット https://t.co/ZjvtcAZzXT

ラブラドールを3匹くらい連れて散歩している方がいたのですが、その3匹のラブラドール達がお互いの脛をなめ回し合っているのですが、これは犬達のどんな気持ちを表している行動なのでしょうか。いぬのきもちでも読んで勉強してみます

いぬのきもちねこのきもち小学校の頃歌ったポンキッキーズのレッツゴーいいことあるさ(Go waistの別バージョン)を流された時のみんな懐かしんでる一方でもうそのメロディは私にとってアイドルのダイエット躍進曲やねん…ってなった私の気持ち。

わたし イチゴより アナゴのほうが いいのにな。 ホント ねこの きもちが わからない かいぬしなんだから。 やんなっちゃうわ~。 ふぁ~ぁ ウニャ ウニャ… 【はにかみストロベリー】

猫ってもしかして人間なのかな…。ね、猫って丸くなって寝るんじゃないの…!?新たな可能性に戸惑いが隠せません。 出典:寝相の違和感 | 残念なイケメン猫 揺るぎなきセツSTYLE | いぬのきもち・ねこのきもち pet.benesse.ne.jp/setsu/setsu_vo…

おばあちゃん犬、失明して聴覚・嗅覚が鋭くなる(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…