スポンサーリンク

猫にハーネスは必要?慣れさせるための4ステップ

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

猫にハーネスは必要?慣れさせるための4ステップ

いざという時のため、住所や連絡先を記した首輪を愛猫につけさせている飼い主さんは多いはず。しかし、災害時などのもしもの時に愛猫の安全を守るには、日頃からハーネスに慣れさせておくことも大切です。では、猫をハーネスに慣れさせるには、一体どうしていったらよいのでしょうか。

猫をハーネスに慣れさせるための4ステップ

Step1.ハーネスへの警戒心を取り除こう

猫はとても警戒心の強い動物。初めて見るハーネスを怖がってしまう子もいるはず。そのため、ハーネスに慣れさせるには、まず警戒心を解いていくことがカギとなります。

例えば、子猫のうちからハーネスを数分間付けてみるのもおすすめ。子猫期は物事に対する受容性が高いので、慣れさせやすいのです。なお、成猫に慣れてもらいたいときは、ハーネスを猫の近くにさりげなく置いてみましょう。近づいても安全なことが分かれば、猫は徐々にハーネスに対する警戒心を解いてくれます。

Step2.初めは短時間の装着

猫がハーネスを怖がらなくなったら、次はハーネスを装着することに慣れさせていきましょう。装着した時に猫が不快感を示すようであれば、おやつをあげたりスキンシップを取ったりして、気持ちを落ちかせてあげることも大切。「大丈夫だよ」や「怖くないからね」「いい子だね」といった声かけをしていくのもおすすめです。

ただし、猫が嫌がらないからといって、初めから長時間装着させるのは避けるようにしましょう。なぜなら、ストレスを感じてしまうと猫はハーネスを「嫌なもの」と見なし、装着させてくれなくなる可能性が高いからです。そのため、初めてハーネスを装着するときは1~2分程度にし、徐々に時間を延ばしていきましょう。

Step3.長時間ハーネスを装着してみよう

ハーネスを装着すると、身動きがとりづらくなることも多いため、猫は不自由さを感じてしまうことがあります。そのため、愛猫がハーネスを装着できる時間が長くなってきたら、ハーネスをつけたまま遊ばせてみましょう。遊びを通して不自由さに慣れていってもらえたら、ハーネスに対してよい印象を持ってもらえるようにもなります。

Step4.リードを付けてお散歩

愛猫がハーネスの不自由さを気にしなくなってきたら、リードをつけて一緒に歩いてみましょう。ただし、完全室内飼いしていた子を外に連れていくのは避けたほうが無難。完全室内飼いの子にとっては家の中が縄張りであるため、いきなり外に出されるとパニック状対に陥ってしまう可能性があるので、危険です。そのため、外ではなく、おうちの中でリードをつけながら一緒に歩き、いざという時に備えておきましょう。

リードを使いながら初めて一緒に歩くときはリードを引っ張ったり、行動を制限したりしないように注意。行動範囲が制限されると猫はストレスを感じてハーネスやリードを嫌がるようになってしまうので、自由に歩かせてあげましょう。

猫にリードやハーネスは必要ないように思えるかもしれません。しかし、こうしたアイテムはいざという時に愛猫の命を守る道具に変わります。災害はいつ起こるか分からないからこそ、普段から愛猫を守れるよう、備えていきましょう。

文/古川諭香


今回は【PETomorrow】さまの記事「猫にハーネスは必要?慣れさせるための4ステップ」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:猫にハーネスは必要?慣れさせるための4ステップ


たまにドライバーがワンコを抱っこして運転してるの見るが、やめて欲しいし、警察は捕まえて欲しい! #ご安全に 愛犬と楽しくドライブデートするために、車移動に慣れさせるテクとは?(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… #Yahooニュースアプリ

愛犬を運ぶためだけじゃない!クレートで愛犬が安心できる「居場所」作りを(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

【愛犬が「へそ天」をする心理】 yahoo.jp/yeKZSP 愛犬が「へそ天」している姿をよく見かける、という飼い主さんも多いのではないか。いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室の担当獣医師が解説。