スポンサーリンク

猫が理想体重かどうかは、“腰のくびれ”で判断する?

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

猫が理想体重かどうかは、“腰のくびれ”で判断する?

猫の肥満を測る際は体型(BCS/MCS)と体重を目安にするのが一般的です。

今や、飼い猫のほとんどが室内飼い。十分に運動させてあげられない住宅事情や、ペットフード、ペットのおやつの種類の増加などの影響あり、多くの猫が運動不足から肥満気味になっています。猫の肥満は糖尿病や脂肪肝、口内疾患、関節炎、皮膚病などのリスクを高めることが、医学的にわかっているそうです。

とはいえ、毎日見て目が慣れてしまっている愛猫の“肥満度”は、飼い主にとってはわかりにくいもの。では、猫の理想体重は、どうやって算出したらいいのでしょう? 人間だったらBMIという「最も病気になりにくい数値」がきちんと算出されていますが、猫にはありません。でも調べてみると、現在の体型から理想体重を算出できる「ボディコンディションスコア」(BCS)というものがあることがわかりました。

★ボデイコンデシンスコアの基準

◎BCS1・やせすぎ (理想体重の85%以下・体脂肪率5%以下)
*肋骨や骨の突起に簡単に触れられる
*腰のくびれが目立ち、脇腹のヒダがない

◎BCS2・体重不足 (理想体重の86~94%・体脂肪率6~14%)
*ごく薄い脂肪を通して骨の突起に触れることができる
*上から見てくびれがわかる

◎BCS3・理想体重 (理想体重の95~106%・体脂肪率15~24%)
*肋骨は脂肪を通して触れることができるが、外見からはわからない
*上から見ると、わずかに腰のくびれがある
*脇腹にヒダがある

◎BCS4・体重過重(理想体重の107~122%)
*肋骨になかなか触れることができない
*上から見ると腰のくびれがほとんどなく、腹部は丸くなっている
*脇腹のヒダに脂肪がつき、やや垂れ下がっている

◎BCS5・肥満(理想体重の123~146%・体脂肪率35%以上)
*厚い皮下脂肪に覆われており、肋骨に触れることが困難
*脂肪で腹部が垂れ下がり、歩くと脇腹のヒダも揺れる
*顔や四肢にも脂肪がつき、全体に丸みを帯びている
理想体重の計算法は、体型があてはまるカテゴリーに書かれているパーセントの数字で、現在の体重を割ります。例えば、体重は6kgの猫で、「肋骨が触ってわからず、腰のくびれもない」(下の基準の「BSC5」に該当)なら、125%の肥満として、6kg÷125で、4.8kgが理想体重ということになります。


今回は【PETomorrow】さまの記事「猫が理想体重かどうかは、“腰のくびれ”で判断する?」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:猫が理想体重かどうかは、“腰のくびれ”で判断する?


会場にいたわんこみんな大人しいし人懐っこかったな〜〜にゃんこはあんま見かけなかったけど、実家のわんこが天国に行っちゃって以来の久々の犬充だった。ありがとうわんにゃんドーム。そしていぬのきもちねこのきもちのスタッフさんありがとうございました!

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…

この顔でいつも覗いてきます👀❤️ 可愛さアピール👼✨ いぬのきもち#犬ばか部#犬カフェ#犬すたぐらむ#犬のいる暮らし#黒柴#豆柴#柴すたぐらむ#柴犬#プードル#犬好きな人と繋がりたい#東京#秋葉原#インスタ映えスポット

test ツイッターメディア - この顔でいつも覗いてきます👀❤️
可愛さアピール👼✨ 

いぬのきもち#犬ばか部#犬カフェ#犬すたぐらむ#犬のいる暮らし#黒柴#豆柴#柴すたぐらむ#柴犬#プードル#犬好きな人と繋がりたい#東京#秋葉原#インスタ映えスポット https://t.co/ZjvtcAZzXT

ラブラドールを3匹くらい連れて散歩している方がいたのですが、その3匹のラブラドール達がお互いの脛をなめ回し合っているのですが、これは犬達のどんな気持ちを表している行動なのでしょうか。いぬのきもちでも読んで勉強してみます

いぬのきもちねこのきもち小学校の頃歌ったポンキッキーズのレッツゴーいいことあるさ(Go waistの別バージョン)を流された時のみんな懐かしんでる一方でもうそのメロディは私にとってアイドルのダイエット躍進曲やねん…ってなった私の気持ち。