スポンサーリンク

愛玩動物飼養管理士が「インターペット」で遊び尽くしてみた。

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

愛玩動物飼養管理士が「インターペット」で遊び尽くしてみた。

3月28日から31日まで、東京ビッグサイトにて「Interpets(インターペット) ~人とペットの豊かな暮らしフェア~」が開催されました。インターペットとは、ペットとのより良いライフスタイル実現をサポートする商品・サービス・情報を提供する、国内外のさまざまなブランドの出展ブースやセミナー等を通じて最新ペットトレンドを体感できるイベント。

ペットとの入場も可能で、ペットトイレエリアや休憩スペースの設置など配慮も行き届いているので、飼い主さんもペットも安心して楽しめます!

第9回を迎えた今回は、総数480を超える出展者が参加。

フード・グッズのサンプリングやフォトブースコーナーの設置、トリミング体験など、各ブース魅力的なコンテンツが目白押し。本当は全てのブースをじっくり巡ってみたいけれど、それもちょっと大変。。。

ということで、今回は最近、愛玩動物飼養管理士の資格を取得した筆者が「愛玩動物飼養管理士目線」で巡ってセレクトした、おすすめブースを紹介させていただきます!

OPPO

キャリーバッグやお掃除道具など、「片付けなくてもオシャレで機能的」をコンセプトに、ペット用便利グッズをデザインするOPPOさんです!

かゆいところに手が届く、いろいろな商品が展示されていました。

勝手にドアをあけてしまうペット対策にも、ドアをあけておきたい時にも、これひとつあれば大丈夫!

こちらは最近テレビで紹介された、大人気商品です!

実はこちらの会社の母体は、企業や学校に置いてあるゴミ箱やマットなど、人間向けの清掃用品を製作・販売している会社なのです。

社長さんが大の動物好きということでOPPOが始まったのだそう。

もともと持っている製品作りのノウハウを生かして、機能はもちろん、コスパの良さも魅力です♪

Natural Japan

こちらは、素敵なご夫婦が経営されているペットフード会社さんです!

犬猫の祖先はほぼ肉食です。特に猫は犬よりも肉食傾向が強い為、「穀物があまり含まれていないものを与えるのがおすすめ。」とCEOのコリンズさん。

こちらのフードは、犬用で90%・猫用で99%が肉類で占められており、完全にグルテンフリー!

品質も、世界中に輸出できる安全基準をクリアする数少ない商品なので安心です。

また、非加熱フリーズドライで長期保存が可能なので、災害用の保存食にもぴったり。

こちらのフードを食べ続けて、心臓肥大や腎不全が改善した例もあるそう。

体を作るのは食事ですから、きちんとケアしてあげたいですね!

一般社団法人ドゥーワングッド

新たにペットを迎え入れる時の選択肢として、保護動物の受け入れがあげられます。

ドゥーワングッドさんは、そんな出会いのきっかけとなる、保護動物の譲渡会を運営する団体です!

ブースでは、新たに始まった「リボン・バンダナ・プロジェクト」について教えてもらいました。

これは、災害時にペットと飼い主が一緒に過ごせるトレーラーハウスを全国に配備することを目的とした募金活動で

飼い主さんが、提携サロンでのトリミング後にリボン・バンダナのプレゼントを断ることで自動的に募金ができるという仕組みだそう!

募金と聞くと少し遠く感じてしまうけれど、トリミングに通うだけで募金できるというのは嬉しい仕組みです。

近年の日本の災害の多さを考えると、誰にとっても他人事ではないですよね。広まって欲しい!

理事の五十嵐さんと愛犬さくたろうちゃん。

さくちゃんももともとは保護犬だそうです!


今回は【PETomorrow】さまの記事「愛玩動物飼養管理士が「インターペット」で遊び尽くしてみた。」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:愛玩動物飼養管理士が「インターペット」で遊び尽くしてみた。


すくーぷ、です。カノが今度はいぬさんのにおいをくんくんしてるのを僕見ちゃいましたっ。あっ、でもきっと見られたって知ったらカノはキドにまたきもちわるいって言われちゃうから内緒です。約束ですよ。

永遠の別れを感じてるかも…お留守番が苦手な犬の3つの特徴と改善策(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…