スポンサーリンク

フレーメン反応、コーキシン、ブレイズ…意外と知らない猫の専門用語9選

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

フレーメン反応、コーキシン、ブレイズ…意外と知らない猫の専門用語9選

愛猫家のみなさんは、猫に関する記事や書籍を目にすることも多いはず。しかし、そんな時に分からない専門用語が出てくるとスラスラと読めなくなり、もどかしい思いをしてしまうこともあるのでは?そこで今回は、意外と知られていない猫界の専門用語をいくつかピックアップして解説!ぜひこれを機に、さらなる猫好きさんにレベルアップしてみましょう。

意外と知らない猫の専門用語9選

①イヤータフト

これは耳に見られる、やや長めの飾り毛のこと。イヤータフトは耳の内側から外側に向かって生えており、長毛種によく見られます。特に寒い地域で暮らしている猫は長めのイヤータフトを持っているといわれています。

②ウィスカーパッド

猫の口元に見られる「ω」のこと。「ひげ袋」や「ふぐふぐ」、「鼻タブ」と呼ばれることもありますが、ウィスカーパッドが正式名称です。ちなみに、ウィスカーパッドと頬の間にあるくぼみは「ウィスカーブレイク」と呼ばれています。

③キトンブルー

生後7週目くらいまでの子猫に見られる、独特の青い瞳は「キトンブルー」と呼ばれています。この時期はメラニン色素がまだ定着していないため、全ての子猫の瞳がキトンブルーに。メラニン色素は生後7週目以降から作られ始めるため、生後3~4ヶ月経つと、子猫の目の色が変わっていくのです。

④コーキシン

コーキシンは猫の尿に含まれているタンパク質のこと。「フェリニン」と呼ばれる、におい物質を作り出す原因になっているとういわれています。ちなみに、名前の由来は“好奇心”からきているのだとか。何ともユニークな専門用語です!(笑)

⑤ネックグリップ

交尾の時、オスがメスの首の後ろを軽く噛む行為のこと。こうすることでメスが大人しくなるため、オスは交尾がしやすくなります。また、メスも急所を噛まれたことで、オスを受け入れやすくなるといわれているのです。


今回は【PETomorrow】さまの記事「フレーメン反応、コーキシン、ブレイズ…意外と知らない猫の専門用語9選」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:フレーメン反応、コーキシン、ブレイズ…意外と知らない猫の専門用語9選


飼い主さんの「あの言葉」を聞くとついうれしくなってしまう柴犬|いぬのきもちWEB MAGAZINE dog.benesse.ne.jp/lovedog/conten…

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…