スポンサーリンク

他人事ではない?重篤な「ペットアレルギー」を発症したらすべきこと

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

他人事ではない?重篤な「ペットアレルギー」を発症したらすべきこと

動物のことが好きなのに、動物アレルギー持ちのために泣く泣く距離を置いているという方。結構多いですよね。

筆者の場合、20代の中頃までは全くアレルギーとも無縁のまま動物に囲まれて暮らしてきたわけですが、アラサーぐらいになってから一気にアレルギーが顕在化してしまいました。

具体的には犬や猫の毛や唾液に対して、強い痒みや腫れを感じる程度なのでまだ本人が我慢すればどうとでもなるわけですが、これもあくまで軽微というだけのケース。

花粉症と同じく、これまで平気だった方でも、あるとき犬、猫の唾液や体毛のアレルギー反応を見せることが稀にあります。そして時には、そういった方が既にペットと一緒に生活しているという場合も……これは恐ろしいことです。

そこで今回は、もしそういった事態に直面しても、ペットを手放さなくて済むための方法としまして、4つの対策方法を紹介していきましょう。こと、アレルギーは誰しもがいつ発症するか分からないだけに他人事ではないため、現状ペットアレルギーとは無縁の方でも是非ご覧いただければ嬉しく思います。

こまめなシャンプーをさせてアレルゲンの飛散を少しでも防ぐ

ペットのアレルギーの原因の主要な一つはやはり体毛です。その体毛の飛散はある程度防ぎようがないものですが、こまめにペットをシャンプーさせることで、抜けた体毛を効果的に洗い流すことができます。

くわえてペットにとっても、体が清潔になるので病気リスクも下がりますから、お互いにメリットが大きいと言えるでしょう。

我が家でも隙を見ては飼い猫のシャンプーをしていますが、慣れてくると猫たちもたまの入浴、シャワーには免疫ができるので、静かにしていますし、気持ち良さそうにしてくれます。

その上、やっぱり定期的なシャンプーをしている個体は毛艶も良くなりますし、見た目もますます可愛くなってくれるのでオススメです。もちろん、入浴を本気で嫌がる性格の猫もいますので、そういう個体には無理強いはできませんが、それでもこまめなブラッシングはすべきですね。

空気清浄機を設置する

それから、ペットの体毛をある程度吸い取ってくれる家電として、空気清浄機の設置もオススメしたいところです。最近は割に安価でも、フィルターを見ればびっしりとペットの毛を吸着してくれている空気清浄機に出会うことも多くなりました。

我が家でも1万円台前半の空気清浄機を設置していますが、これによって個人的にも、アレルギー反応は幾分マシになったと自覚しています。プラシーボ効果かもしれませんが……。

また、設置場所も大事なようです。筆者の自宅ではエアコンが設置してある場所から見て向き合う形となる位置に空気清浄機を設置しています。これはエアコンから出る風の流れを意識したもので、この位置関係で設置することで、風によって舞い上がった体毛が自然に空気清浄機に向かうようになっているわけですね。

効果としては微々たるものかもしれませんが、アレルギーの症状を少しでも抑えるためには必要な工夫ではないでしょうか。


今回は【PETomorrow】さまの記事「他人事ではない?重篤な「ペットアレルギー」を発症したらすべきこと」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:他人事ではない?重篤な「ペットアレルギー」を発症したらすべきこと


数億年ぶりに某🍩屋に行ってから帰宅したら、だすきんさんから🍩屋パスカードが届けられていたいぬのきもち。