スポンサーリンク

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」が教えてくれる、幸せになるためのただひとつの方法

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」が教えてくれる、
幸せになるためのただひとつの方法【本気の猫映画レビューvol.1】

原作は、全世界で1千万部以上売れている、元ホームレスの自伝


(C)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

原作は、元ホームレスのジェームズ・ボーエンさんの自伝『ボブという名のストリート・キャット』。一匹の猫との出会いがホームレスだった青年の人生を大きく変えた奇跡のような実話は、英国で出版されるとあっという間に世界的なベストセラーに。その自伝をもとに『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』などのロジャー・スポティスウッド監督と『英国王のスピーチ』の制作チームが映画化した作品です。


2016年に出版された原作の『A Street Cat Named Bob』は、全世界で30以上の言語に訳され、続編2冊を合わせて世界中で1千万部を超える売り上げを記録している大ベストセラー

「無一文の僕に、猫を飼う資格はない」

主人公は、複雑な家庭環境から薬物依存になり、家族にも見捨てられ、とうとうホームレスになってしまったストリート・ミュージシャンのジェームズさん。熱心な保護司のはからいで小さな部屋を与えられ、薬物を減らす治療を始めた彼のもとにある日、怪我をした一匹の野良猫が迷い込みます。


(C)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

会った瞬間からなぜか彼になつき、そばを離れないその猫を見捨てることができず、自分も倒れそうなほど空腹なのに、全財産である小銭をすべて使って猫のための薬を買ってしまうジェームズ。ボブと名付けられたその猫は、怪我が治ってもジェームズのそばを離れようとしません。ボブを飼育する金銭的な余裕がないジェームズは、裕福な人に拾われることを願って何度もボブを外に放すのですが、そのたびにボブは戻ってきてしまうのです。

「この本は、まるで自分のことのようだ」


(C)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

ジェームズは、絶対に自分のそばを離れようとしないボブをしかたなく肩にのせて歩くようになり、路上ライブの演奏中もそばに置くくように…。すると、彼をまるでゴミのように眺めていた人々が笑顔で集まり、音楽に耳を傾けるようになったのです。誰に対しても物怖じせず、ハイタッチで挨拶するボブはあっという間に、街の人気者に。それにつれて荒んだ険しい表情がジェームズから消え、次第に彼の本当の姿である温かさ、やさしさが現れるようになります。


(C)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

ジェームズはボブと暮らし続けるために、まず自分の生活を立て直すことが必要だと痛感し、薬物を完全に断つことを決意します。禁断症状に七転八倒しながら、ついにボブは薬物中毒から脱します。ボブの絶対的な信頼感が、ジェームズを大きく変えたのです。

そんなふたりの様子が話題となり、編集者の目に止まって書籍化。大ベストセラーとなり、本のサイン会には長い行列ができるようになります。たとえ人生に絶望し自暴自棄になっても、自分を信頼し愛してくれる存在があれば、人生はいつでもやり直すことができる…。そんなメッセージが多くの人を励ましたのでしょう。列に並んだある人は、「この本はまるで自分のことのようだ」と語りかけたそうです。

ボブを演じているのは、ボブ自身!


(C)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

ちなみに、映画のなかでボブが出てくるシーンのほとんどを演じているのが、ボブ本人。堂々たる演技は、助演男優賞ものですよね。そして本の印税や映画の原作料、ボブの出演料などで得た莫大な収入は、ふたりで暮らしていく最低限を除いて全て、捨てられた犬や猫を救うボランティアの活動資金に充てているとのこと。

猫好き(特に茶トラ萌え)の人にとってたまらない映画なのはもちろん、毎日が不満だらけの人、未来への希望を見失いそうになっている人、今の自分が不幸なのは周囲のせいだと思いがちな人にも、ぜひ観て欲しい作品。人はほんの小さなきっかけで大きく変わることができること、そして自分を変えられるのは自分だけであることを、映画のなかのボブとジェームズが教えてくれるはずです。


『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』発売元:コムストック・グループ 販売元:ポニーキャニオン 価格:DVD¥3,800(本体)+税、Blu-ray¥4,700(本体)+税。2017年の英国ナショナルフィルムアワード最優秀英国映画賞受賞作品。(C)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.
画像提供/ポニーキャニオン
文/桑原恵美子


今回は【PETomorrow】さまの記事「「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」が教えてくれる、幸せになるためのただひとつの方法」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」が教えてくれる、幸せになるためのただひとつの方法


いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…