スポンサーリンク

永久保存版。猫に水を飲んでもらう10の奥義!

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

永久保存版。猫に水を飲んでもらう10の奥義!

冬の間、こたつにこもりがちだった猫も、春が近づくにつれ活動的に。でも冬の間、運動不足であまり水を飲まなくなった猫は、それが習慣化してしまっていることも…。極端に排尿回数が減ると体内の尿が濃縮され、病気のリスクが高まります。すでに腎臓病や膀胱炎、尿結石などの持病がある猫にとっては、飲む水の量が減るのは死活問題。とはいえ、フードと違い、水をたくさん飲んでもらうのはけっこう難しいものです。「これなら絶対」という方法はありませんが、いくつかのコツを紹介します。

1.ドライフードからウェットフードに変えてみる

ドライフードに含まれる水分は5~10%ほどですが、ウェットフードは75~80%が水分。食事といっしょに水分を摂ることができます。「フードに水分が含まれていると、ますます水を飲まなくなるのでは?」と不安に思うかもしれませんが、ある研究では、「ドライフード+水」よりも「ウェットフード+水」のほうが、トータルの水分補給量が多かったそうです。

2.食事の回数を増やす

同じ量の食事でも、1日2食より3食のほうが、飲む水の量が増えたという報告があります。もしかしたら、「食事」と「水を飲む」という行動がセットになっているのかもしれませんね。

3.大き目の食器に変える

水飲み用に、せっかくオシャレな食器を買ったのに、全然飲んでくれなくなった…。こんな経験があるとしたら、それは猫の体に対して表面積が小さかったのかもしれません。神経質な猫の場合、ヒゲに物があたると食事や水を飲むのをやめてしまう場合があるのです。オシャレ感よりも、ヒゲがあたらないくらいの大きさを重視してみましょう。

4.置く場所や水の温度を変えてみる

水入れを置いてある場所が寒いと、寒がりの猫は水を飲みに行くのがおっくうになりがち。また温度が低い場所だと水も冷たくなりやすいので、それが飲水量の減少の原因になっているかも。

5.水を変えてみる

熱帯魚の水槽の水を好んで飲む猫が多いのは、水道水に含まれるカルキの臭いが無いせいだ、という説もあります。猫は、野生のころに狩りをして生物を食べていた習性から、腐敗を連想させる苦みや酸味が苦手です。水にわずかに含まれる酸味や苦みを嫌っている場合、浄水器を通した水にすれば飲んでくれることも。ミネラルウォーターをあげる場合は、硬度の低い軟水にしましょう。


今回は【PETomorrow】さまの記事「永久保存版。猫に水を飲んでもらう10の奥義!」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:永久保存版。猫に水を飲んでもらう10の奥義!


愛犬と一緒に寝るのはダメ? 犬にまつわる常識を判定!(いぬのきもち WEB MAGAZINE) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

愛犬と一緒に寝るのはダメ? 犬にまつわる常識を判定!(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…