スポンサーリンク

近隣トラブル、虐待、感染症…外の世界に安心なし。

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

近隣トラブル、虐待、感染症…外の世界に安心なし。

ペットとの向き合い方は飼い主によってさまざまです。

家族として接している世帯もあれば、あくまでもペットはペットとして、割り切って管理している世帯もありますよね。

どちらにしても、飼育者としての自覚を持ち、責任のある育て方をしていれば、どういう向き合い方をしていても正解ではないかと思うところです。

ここ数十年のうち、犬の飼育者は実に良く“犬への向き合い方”に取り組んだと思います。今や野良犬は非常に珍しくなり、適切な飼育方法を誰もが実践できる時代になりました。

そこで残された課題が、飼育頭数が犬を抜いて日本一となっている猫の飼い方です。

筆者はこちらのコラムで、何度か完全室内飼育をおすすめしてきましたが、元々はこういう飼育方法に懐疑的でした。

だって、猫を窮屈な家の中にだけ閉じ込めるなんて、なんだか可哀想に思えるじゃないですか。

今回は、そんな筆者が考えを改める羽目になった過去に失態について懺悔したいと思います。

かつての猫の飼い方は、猫をいたずらに危険に晒していただけだった

今から15年ほど前、筆者はトメというキジトラのメス猫をペットにしていました。元々トメは、近隣に住んでいた野良猫の生んだ子だったのですが、数頭いた兄弟たちはすぐに見かけなくなり、不憫に思って家で飼うようになったわけです。

と言っても、全ての飼い主がそうだったように、当初は全く猫の安全を意識しない飼育方法だったと記憶しています。

基本的には屋外に出たがるトメを好きなだけ散歩させ、夜中に戻ってきたら餌と水をあたえる。糞尿の始末については知らんぷり。

我ながら最悪な飼い主でした。

加えて近所は道幅も狭く、そのうえ交通量も多かったため、付近には車に撥ねられる猫もしばしば出ていたほどです。

そういった状況だったので、やがてトメにも飼い主であった当時の筆者の傲慢で無責任な飼い方のせいでツケが回ってしまいました。


今回は【PETomorrow】さまの記事「近隣トラブル、虐待、感染症…外の世界に安心なし。」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:近隣トラブル、虐待、感染症…外の世界に安心なし。


いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…