スポンサーリンク

尻尾でわかる!猫がネガティブな時の尻尾とは?

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

尻尾でわかる!猫がネガティブな時の尻尾とは?【ねこのはてな】

猫の尻尾はたくさんの小さな骨が連なってできているのですが、そのためくねくね自由自在に動かすことができるんです。じつは、猫の感情は尻尾の動きに現れるので、猫の気持を知る手がかりになります。今回は、ネガティブな気持と尻尾の動きをお取り上げます。

尻尾が太くなる?

猫は恐怖を感じて、「シャーッ」という声をあげながら相手を威嚇する時、毛を逆立て怒ることがあります。同じように尻尾を立てて毛を逆立て、さらに尻尾を膨らませている時は、恐怖を感じているのです。そうすることで身体が大きく見えるので、相手を威嚇する事もできます。

だらりと下がっている時

私たち人間は、会社や学校でトラブルがあった時や家庭内でうまくいかないことがあるとしょんぼりしちゃいますよね。猫だって、いつも、いつも陽気なわけではなく、たとえば、飼い主さんに叱られた時は、ブルーな気持になってしまうことがあるんです。そんな時の尻尾は力なく、だらりと下がっています。人間の場合「肩を落とす」という言葉がありますが、猫は肩ではなく尻尾が下がるのですね。優しく接してあげましょう。

イライラすることだってある!

猫だって生き物。時にはイライラすることもあるんです。イライラが募ると、尻尾の先だけをピクピク動かします。さらにイライラ気分が募ると尻尾の先だけでなく、全体を左右に振るように動かします。

ただ、左右に大きくゆらゆら尻尾を動かす時は、猫の好奇心を刺激されているのかもしれません。何かに興味を持ったり、珍しいものを見つけたりした時も、猫は尻尾を左右に動かすのです。興味を示した時は、先っぽがちょっと曲がるだけのこともあります。

イライラしているから尻尾を振るのか、何か興味をかきたてるものを見つけたら振っているのか、その違いは、日頃から猫のことをよく観察していると分かるかもしれません。

尻尾で貧乏ゆすりする?

何か不安なことがあったり、落ち着かない気持になったりした時、貧乏ゆすりをする人がいますが、そういう気持を猫は尻尾で表します。足を小刻みに動かすのが貧乏ゆすりですが、猫の場合は尻尾を小刻みに動かします。

猫はみんなとても個性派。同じ猫種でも性格や行動が違うのが魅力のひとつでもあります。飼い主さんにとっては、私だけに見せる猫の顔があるかもしれません。猫は、犬のように顔を見ただけでは表情が分かりにくいので、よく行動を観察してみましょう。

文/渡辺陽


今回は【PETomorrow】さまの記事「尻尾でわかる!猫がネガティブな時の尻尾とは?」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:尻尾でわかる!猫がネガティブな時の尻尾とは?


数億年ぶりに某🍩屋に行ってから帰宅したら、だすきんさんから🍩屋パスカードが届けられていたいぬのきもち。