スポンサーリンク

ペットとの別れは必ず来るから…「ペット葬」について知っておきたいこと

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

ペットとの別れは必ず来るから…
「ペット葬」について知っておきたいこと

筆者は猫と暮らしていますが、動物なら何でも大好きなので、よく色んなペットの飼い主たちと飲みに出かけることがあります。

そしてお酒が回ってくると、しみじみ自分の家にいる愛犬、愛猫、愛トカゲ自慢を披露し合うのですが、そのうちに「もしあの子がいなくなったら耐えられない」とメソメソ泣くようになります。

我ながらちょっと気持ち悪いのですが、要はそれだけ我が家の猫のことが大好きなんですよね。
飼い主だったら、これはもう当たり前の感覚でしょう。

しかし、別れは必ず訪れます。

飼い主の最後の仕事は、ペットが天国に旅立つのを見送るというものですが、これはもう何度経験しても慣れませんね。

でも、本当に最後だからこそ、ここは気丈に振舞うべきです。
そうでなければ、ペットも安心して旅立てないでしょうし……。

今回は、いずれ訪れるお別れの際にもつつがなく見送れるように、“ペット葬”についての基本的な情報を紹介していきましょう。

ペット葬は現代のお別れのスタンダード!
信頼できる葬儀社は早めに見つけておこう

昔は死んだペットを自宅の庭に埋めて葬ることが多かったように思います。

我が家でも一生を駆け抜けたペットの亡骸を、実家の庭に埋めて供養したものですが、庭がある世帯であればこうやって弔うのが一番安心できるかもしれませんね。

常に庭にお墓があるわけですから、供養するにも手近で済みますし。

ただ、日本の住宅事情的にも、庭がない世帯は増えています。

そういった場合は、ペット葬で弔うのがオススメです。

ここではっきり書いておきますが、ペットの葬儀を引き受けてくれる業者はピンキリです。
ですので、マジでしっかりと選ぶ必要があります。

酷いところですと、まともな火葬も供養もしてくれないというケースがあり、過去にもニュースで問題視されていたほどです。

そんなところに愛するペットの亡骸を任せるのは、非常にしのびないですよね。

だから、口コミやインターネット検索での評判などを参考に、葬儀社は慎重に選ぶべきです。

幸い今の日本はこういった情報が比較的手軽に手に入りますので、良い葬儀社と悪い葬儀社の比較はすぐにつくことでしょう。


今回は【PETomorrow】さまの記事「ペットとの別れは必ず来るから…「ペット葬」について知っておきたいこと」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:ペットとの別れは必ず来るから…「ペット葬」について知っておきたいこと


そうなんだぁ~(о´∀`о)b 犬がウンチの前に「くるくる」する意外な理由とは?(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…