スポンサーリンク

2月22日「猫の日」に観たい!オススメ猫映画5選

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

2月22日「猫の日」に観たい!オススメ猫映画5選

今日は猫の日(2月22日)。家でまったり、愛猫とスキンシップを図ろうと思っている方も多いはず。そんな時は猫の日をさらに満喫すべく、猫をテーマにした映画やドラマを愛猫と一緒に見てみませんか?今回は筆者が実査に見て、「面白い!」と思った作品をいくつかピックアップしてみました!

にゃんにゃんにゃんの日に見たいオススメ猫作品5選

1.「ねこタクシー」

芸人のカンニング竹山さんが主演を務めている「ねこタクシー」は、悪人がまったく出てこないほっこりストーリー。竹山さん扮するタクシー運転手の間瀬垣勤はある日、勤務中に一匹の野良猫「御子神さん」(三毛猫)と出会い、2人は徐々に心を通わせていくように…。温かいストーリー展開に癒され、動物の存在は偉大だということを感じさせてくれる作品となっています。

2.「世界から猫が消えたなら」

佐藤健さんの猫愛も話題となった本作は、130万部突破の感涙ベストセラーが原作。主人公は愛猫・キャベツと2人暮らし中の郵便配達員(30)。そんな彼はある日、余命宣告を受け、自分とそっくりな悪魔に遭遇。「世界から何かひとつ、ものを消すことで、1日の命をあげよう」―そんな禁断の取引に惹かれ、主人公は大切なものを次々と消していくようになり、ついには愛猫までをも消そうとしてしまいます。

2人が長年育んできた絆は、果たしてどうなってしまうのか、ぜひチェックしてみてください。

3.「ブランケット・キャッツ」

本作は、西島秀俊さんと吉瀬美智子さんのW主演により、ドラマ化されたもの。猫の飼い主探しをする謎の家具店店長と幼馴染の獣医師は猫と人を結びつけることで、人生に小さな光を灯そうとします。

ブランケットと共に、2泊3日でトライアルされる7匹の「ブランケット・キャッツ」たちのかわいさに、視聴者は思わずメロメロにさせられてしまうはず。作品内に溢れる小さな奇跡はきっと、忙殺された心を癒してもくれます。

4.「ルドルフとイッパイアッテナ」

1987年に刊行されて以来、シリーズ累計100万部を誇る大ベストセラーとなっている『ルドルフとイッパイアッテナ』を3DCGにしたこちらの作品は、大人にこそおすすめしたい猫映画。

飼い主のリエちゃんから愛されていた黒猫のルドルフは興味本位で外の世界へ。すると、そこには今まで知らなかった世界が広がっていました。涙、友情、絆などが丁寧に描かれている本作は、人生にとって大切なものとはなにかを考えさせてくれるはず。

5.「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」

実話が元になっているこちらは、どん底な気分の時にこそ見てほしい作品。主人公のジェームズはロンドンでプロのミュージシャンを目指すという夢に破れ、ホームレスに転落。薬物にも手を出し、出口の見えない迷路をさまよっていました。

そんなときに出会ったのが、野良猫のボブ。ジェームズは全財産を費やし、怪我をしていたボブを救出。すると、彼の人生は大きく変化していくことに…。

人生をどう生きたらいいのか分からない…。本作には、そんな心のモヤモヤを包み込んでくれる温かさがあるのです。

笑いあり涙ありの5作品は、猫愛をより強めてくれ、改めて「愛猫を大切にしよう」と思わせてもくれるはず。

また、2月22日は動物写真家の岩合光昭さんが初監督と務めた「ねことじいちゃん」も公開されるので、そちらも併せてチェックしてみてくださいね。

引用/https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

文/古川諭香


今回は【PETomorrow】さまの記事「2月22日「猫の日」に観たい!オススメ猫映画5選」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:2月22日「猫の日」に観たい!オススメ猫映画5選


そうなんだぁ~(о´∀`о)b 犬がウンチの前に「くるくる」する意外な理由とは?(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…