スポンサーリンク

猫にも歯磨きは必要なの…?

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

スポンサーリンク

猫にも歯磨きは必要なの…?【ねこのはてな】

犬の歯みがきや口腔内のお手入れをしている人は、ペットショップの口腔ケアグッズが多いことからもたくさんいると思われます。でも、猫の場合はどうでしょうか。まだ、猫の歯やお口のケアと言われても、ピンと来ないかもしれません。

猫も歯周病など、歯や歯茎の病気になる

猫も歯周病や口内炎などお口の病気にかかりますが、じつに、3歳以上の猫の約8割が歯周病だと言われているのです。歯肉炎と歯周炎が起こっている状態を歯周病というのですが、進行すると歯根といって、歯の付け根の骨が溶け出し、ひどい時はあごの骨に穴が開くこともあるのです。歯や歯を支える骨、歯肉の炎症が起こると、痛みに加えて、食べることも不自由になり、やがて食べられなくなってしまいます。

歯周病は予防できる

歯周病は命に関わる病気なのですが、日頃から歯やお口の手入れをしてあげたら、予防できる病気でもあります。歯磨きをしたことがない猫、特に、大人の猫に歯磨きをしようと思うと至難の業ですが、子猫のうちから歯磨きが好きな猫に育てておくと、きれいな歯と健康な歯茎を維持しやすくなるだけでなく、動物病院でお口の中を見せなければならない時も、猫のストレスを軽減することができるでしょう。

歯磨きで予防できるのは、歯周病だけではありません。じつは、口内炎の予防効果も期待できると言われているのです。口内炎の原因は、口の中の傷や歯石のこともありますが、ウイルス性のものもあり、まだ原因は解明されていません。すべての口内炎が予防できるわけではありませんが、歯石が原因のものは、人が予防してあげたいですね。

まずは歯磨きに慣れさせる

子猫でも、いきなり歯磨きペーストのついた歯ブラシを口の中に入れようと思っても、入れさせてくれない子もいます。一度でも「嫌な思い出」になってしまうと、その嫌な思いを消し去るのに膨大な時間と努力が必要になってしまいます。まずは、口の周りを触られることに慣れさせましょう。顔をなぜながら、その続きで口元を優しくマッサージするように触ります。

口元を触れるようになったら、ガーゼを指に巻き歯磨きペーストを付けて、歯を磨きましょう。その時、歯茎のマッサージもしてあげます。ガーゼで歯磨きできるようになったら、次は、歯ブラシに歯磨きペーストをつけて歯磨きをします。ガーゼでも歯ブラシでもいいのですが、歯磨きができたらごほうびのおやつをあげて、ほめてあげましょう。

文/渡辺陽


今回は【PETomorrow】さまの記事「猫にも歯磨きは必要なの…?」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:猫にも歯磨きは必要なの…?


裏ワザ大公開! 愛犬の「お家シャンプー」が上手くいくコツ!(いぬのきもち WEB MAGAZINE) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

簡単!愛犬の免疫力維持につながるトッピング食材8選(いぬのきもち WEB MAGAZINE) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

簡単!愛犬の免疫力維持につながるトッピング食材8選(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…