スポンサーリンク

命に関わる!猫に絶対与えてはいけない劇薬

ネコ(猫)ちゃんの癒やし


●今回は【PETomorrow】さまの最新記事のご紹介です。

寒さが厳しいこの季節。風邪薬や、体調キープのためのサプリメントが手放せない、という人も多いのでは? 食前食後にすぐ飲めるよう、食卓などの近くに置きっぱなしにしている人も多いかもしれませんね。でも風邪薬やサプリメントに含まれている成分は、猫にとっては劇薬となるものもあります。

くれぐれも猫がおもちゃにして誤飲しないよう、置き場所に注意しましょう。

スポンサーリンク

命に関わる!猫に絶対与えてはいけない劇薬

◎頭痛薬に含まれるアセトアミノフェン

頭痛薬や風邪薬の多くには、「アセトアミノフェン」という成分が含まれています。これ自体に毒性は無いのですが、肝臓で代謝されると毒性の強い成に変化するため、猫が誤飲すると赤血球が溶けだし、貧血を起こしてしまいます。この場合、血管の中の赤血球が尿の中に出てくるので、ワイン色の尿を排泄することも。貧血が進むと呼吸困難が起こり、命にかかわります。

猫と暮らしている場合は、薬箱は絶対に猫の手の届かないところに保管し、念のため薬のパッケージでこの成分が配合されていないものを選びましょう。また(そんな飼い主はめったにいないと思いますが)、猫が熱を出しているからと言って、人用の風邪薬は絶対に飲ませないこと!

◎サプリメントにもご注意を

α-リポ酸サプリメントはダイエットサプリメントとして人気ですが、猫にとっては非常に毒性が強く、場合によっては1粒食べただけで死に至ることもあるという、怖い成分。またα-リポ酸は猫の好む臭いがあるため、容器から出して置いておくと、自ら食べてしまう可能性もあります。

また、一般的な栄養素であるビタミンA、ビタミンDのサプリメントも、猫が誤飲し体内に蓄積されると過剰症になり健康を害する恐れがあります。ビタミンA過剰症として考えられるのは骨の変形・起立不能など。ビタミンD過剰症としては、軟組織へのミネラル沈着・高カルシウム血症・沈うつ・嘔吐・骨異常などがあります。


今回は【PETomorrow】さまの記事「命に関わる!猫に絶対与えてはいけない劇薬」をご紹介しました。
楽しく癒やされる記事が盛り沢山です(^.^)

この記事の紹介元:命に関わる!猫に絶対与えてはいけない劇薬


愛犬と一緒に寝るのはダメ? 犬にまつわる常識を判定!(いぬのきもち WEB MAGAZINE) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

愛犬と一緒に寝るのはダメ? 犬にまつわる常識を判定!(いぬのきもち WEB MAGAZINE) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

いぬのきもちのWebマガジンの人気アーカイブ記事をご紹介しています dog.benesse.ne.jp/withdog/conten…