生きているかのような木彫りの猫 存在感ある彫刻を彫る女性作家

生きているかのような木彫りの猫 存在感ある彫刻を彫る女性作家

命が宿っているかのような木彫りの猫たち――。東京や福岡県の相島を中心に、50匹以上の実在の猫をモデルにした彫刻集『はしもとみお 猫を彫る』(辰巳出版)が発売された。背を丸めて座ったり、仲間とくっついたり、ぺろっと舌なめずりしたり。どれも驚くほど存在感があり、魅惑的だ。

(末尾に写真特集があります)

はしもとさんは大学在学中から猫を追い続け、2014年からは福岡県・相島に通うなど、各地の猫たちを題材としてきた。本書には掌サイズから等身大サイズまで、100点を越える彫刻の写真と、30点余りのデッサンが載っている。

あまえ上手な相島のシナモン (辰巳出版 提供)
あまえ上手な相島のシナモン (辰巳出版 提供)

はしもとさんにとって猫は、特別な動物のようだ。兵庫から東京の美大に進学して寂しい時に、迎えてくれたのが、大学にいた黒猫の“先輩”だった。毎日、猫先輩と時間をともにし、姿をスケッチして「デッサンや水彩の練習をした」という。猫先輩が死んでしまった時には、大学の片隅で子どものように泣いた。そして、先輩の姿を小さな木彫りで作った。

「猫先輩にもう一度逢いたいという思いから彫りましたが、それが猫と彫刻と私の『はじめまして』でした。猫先輩はクロという名の黒猫で、今も工房の片隅にいます。当時の彫刻は猫に見えないほどへたっぴですが」

彫刻の猫を抱くはしもとみおさん  (辰巳出版 提供)
彫刻の猫を抱くはしもとみおさん  (辰巳出版 提供)

はしもとさんは、それから多くの猫と向き合ってきた。猫の最大の魅力は「何かを隠しているところ」と話す。

[▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼]


[この記事は、まだまだ続きが有ります。下記より紹介元サイトをご覧下さい。
この記事・写真の紹介元です。↓ ↓ ↓]

[ シッポ ] 犬や猫ともっと幸せに
生きているかのような木彫りの猫 存在感ある彫刻を彫る女性作家