異色のマンガ家は猫が大好き コスプレ姿に猫ビックリ

異色のマンガ家は猫が大好き コスプレ姿に猫ビックリ

『のぞみ33歳。だだ漏れ日記』というマンガがある。「すべて実話の“恥ずかしい過去”を描いた闇漫画」という触れ込みで、女性たちに支持されている。その作者、大盛のぞみさんは、実は大の猫好き。謎に満ちたマンガ家の猫ライフをのぞいてみた。

大盛のぞみさんは現在、千葉県にある一戸建てで暮らしている。夫と、小さな子ども2人の4人家族。居間で遊ぶ子どもを見守る様子は、いかにも“やさしいお母さん”といった印象だ。想像していた姿とは、だいぶ違う。

「マンガの雰囲気やインスタのコスプレ写真から、体の大きな激しい人と思われるみたい。実際に会うと驚かれます。ふだんは、地味な猫好き主婦なんです(笑)」

おこわを抱く大盛のぞみさん
おこわを抱く大盛のぞみさん
スポンサーリンク

引っ越しを機に猫を迎える

のぞみさんは7年前に結婚。しばらく岡山県で夫の両親と同居していて、昨年7月に千葉県に引っ越してきた。その後、ボランティア宅から白黒猫の「岩海苔」(オス、12歳)を迎え、さらに保護団体からエキゾチックショートヘアの「おこわ」(メス、推定5歳)を譲り受けた。

「私は独身時代に猫を飼っていたのですが、舅姑が猫嫌いだったので、引っ越したら飼いたいと思っていました。その頃ちょうど、マンガの編集者から『保健所に連れて行かれそうになっていた高齢猫の家族がいる』と聞いて、1匹でも救えればと思ったのです。私が迎えたら、フォロワーさんの誰かが後に続いてくれるかもしれないという願いもありました」

のぞみさんは主婦業のかたわら、2年前から、マンガを描いてインスタグラムに載せ始めた。ストレス発散に描き始めたというが、ちょっと下品でぶっちゃけた内容が受けて、フォロワーはあっという間に数万人を突破。その状況に夫も驚いたが、「好きなことをどんどんすればいいよ」と背中を押してくれた。

だが、猫を飼うことについては、なかなかOKが出なかった。

「僕は犬しか飼ったことがなかったし、新しい土地にまだ慣れてないのに、ペットはどうかなと反対したんです。なのに、ある晩、妻が猫を連れて帰ってきてしまって。寝ていたら部屋に猫が飛び込んできてビックリ。でも、来てしまったら受け入れるしかないですよね」

夫も動物が嫌いなわけではなく、ふんぎりがつかないのだと、のぞみさんは見抜いていたのだ。

[▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼]


[この記事は、まだまだ続きが有ります。下記より紹介元サイトをご覧下さい。
この記事・写真の紹介元です。↓ ↓ ↓]

[ シッポ ] 犬や猫ともっと幸せに
異色のマンガ家は猫が大好き コスプレ姿に猫ビックリ